2月10日(木)

2011年2月10日

 今朝は、九州電力長崎営業所からスズランを10鉢いただきました。
 九州電力さんでは、自社の生物資源研究センターで電熱温床を利用して栽培したスズランを、各自治体や福祉施設などに贈呈されています。
 今回で30回目を迎え、「節目の回」とのこと。ちょうど開花前のつぼみの状態なので、これから開花するのが楽しみです!
 ありがとうございました。いただいたスズランは市役所本庁窓口にも設置していますので、皆さんもどうぞご覧ください。


 午後から長崎西彼農協ビル(長崎市)で開催された、「災害対策専門研修トップフォーラムin長崎」に出席し、私のほかにも各市町長が集まりました。
 講義が終わると、演習として、地震発生した場合の行政の対応や模擬記者会見があり、私は「発生したまちの市長」という設定で体験しました。
 記者会見には実在のテレビ局の方が参加し、緊迫感は本番さながら!地震や災害が発生しないことに越したことはないのですが、市長として「いざという時」に素早く、毅然とした対処が求められますので、有益な訓練ができたと思います。


 夕方には西海市内へ戻り、西彼町の尾﨑 幸雄(おざき ゆきお)さんの「長崎県民表彰(教育文化功労)受賞祝賀会」へ駆け付け、お祝いのメッセージを送りました。
 尾﨑さんは、西海市社会教育委員長や西海市青少年健全育成協議会会長、西海地区防犯協議会会長、交通指導員、スクールガードリーダーなど多く役職を担っていらっしゃいます。
 この度、長年にわたる多方面への社会貢献が認められ、晴れの受賞として県下に広く知られることとなりました。
 西海市としてもたいへん名誉なことで嬉しく思います。誠におめでとうございます!