市の政策に「施設の民営化」を新設しました。

2011年1月27日

施設民営化の基本方針

 

市では、行政改革の一環として「民間でできるものは民間で」という基本方針の下、各種施設の民営化を推進しています。平成22年3月に策定した第2次行政 改革大綱においても、施設の管理・整備の見直しの中で「営利施設など行政が関与する必要性が薄く、民間で運営できる施設は、民間への移譲を推進」すること としています。

 

第2次西海市行政改革大綱

(PDF 426KB

 

 

市立病院・大崎やすらぎ荘・緑風園の民間移譲


市は、行政改革大綱に定めた民営化の方針に基づき、また、市立病院の医療の現状を改善するために、市立病院、特別養護老人ホーム大崎やすらぎ荘、養護老人ホーム緑風園の3施設を、平成23年41日から一体的に民間移譲することを決定しました。
移譲先は、平成22年11月に新たに設立された社会福祉法人福医会で、東京都と福岡市の二つの介護事業者を母体としています。
移譲後約1年間は、3施設とも現在の施設で運営されますが、平成24年3月下旬からは、病院が、診療所(14床)と新型老人保健施設(介護療養型老人保健施設、定員40名)に再編され、 特別養護老人ホームとともに大島総合支所前に新しい施設として生まれ変わります。
新型老人保健施設は、簡易な医療措置ができる介護保険施設で、終身入居も可能です。また、新しい診療所には、人工透析や手術設備も整備される予定です。

○ 現状 (市が運営) 

病院

(一般30床、療養24床)

 

 

特別養護老人ホーム

(定員50名、ショート10名)

 

養護老人ホーム

(定員50名)

 

      平成2341日~平成243月中旬 (社会福祉法人が運営)

病院

(一般14床、療養40床)

 

 

特別養護老人ホーム

(定員50名、ショート10名)

 

養護老人ホーム

(定員50名)

 

      平成24年3月下旬~ (社会福祉法人が運営)

診療所

(一般14床)

新型老健

(定員40名)

特別養護老人ホーム

(定員50名、ショート10名)

 

養護老人ホーム

(定員50名)

 

u      社会福祉法人福医会
西海市大島町1819番地1
Tel&Fax:0959-34-2288
ホームページ http://www006.upp.so-net.ne.jp/fukui-kai/

お問い合わせ

総務課
行政管理班
電話:959-37-0061