西海市の位置

2011年3月9日
 
西海市は、西彼杵半島北部の西彼町、西海町、大島町、崎戸町、大瀬戸町からなり、長崎市と佐世保市との中間に位置しています。大島町と崎戸町は、平成11年に開通した大島大橋により本土と結ばれています。
半島部の東岸は波静かな大村湾に、西岸は五島灘、角力灘に面し、崎戸町の江島、平島、大瀬戸町の松島などの島々を有しています。
また、本地域は西海国立公園、大村湾県立公園、西彼杵半島県立公園の3つの自然公園に指定されており、美しい海岸線など優れた自然景観を有しており、気候も温暖です。