3月15日(火)

2011年3月15日

イメージ1

 今日は中学校の卒業式が市内各所で行われました。
 私は大島中学校の卒業式に参加し、卒業生の皆さんへ、はなむけの言葉を贈りました。
 たくさんの思い出を胸に、9年間の義務教育を終え、新しい世界へ飛び立とうとしている皆さん、ご卒業おめでとうございます。
 素晴らしい式に、私もついつい、もらい泣きしてしまいました。

 
 

イメージ2

 また、JICA(ジャイカ)九州(独立行政法人国際協力機構 九州国際センター)から西彼町在住の荒瀬 美佐子(あらせ みさこ)さんが、ソロモン諸島へ青年海外協力隊として出発する前に来庁され、ごあいさついただきました。
 保育士の経験を活かして、現地でも幼児教育に携わるようです。お身体に気をつけて、頑張ってきてください!

 

 

一方、東日本の地震に対する支援について各種会議に参加しました。
まず、急きょ、「行政区長連絡協議会」の役員の皆さんにお集まりいただき、「区長さんを通じて市民の方々にも支援をお願いさせてほしい」と、要請しました。
皆さんからは、率先して協力したいと心強い回答をいただきました。ありがとうございました。これからも、各関係機関と連携して、支援策を実施しようと思います。
夕方には、中村知事ほか、県内市町長が県庁に集結し、「東北地方太平洋沖地震に係る緊急スクラムミーティング」が開催されました。
現時点での、各自治体の取り組みや県との連携について、意見交換を行いました。今後も、県と連携を密にして、効率的な支援ができるように努めていこうと思います。