さいかい子育てガイドブック・障がいのある子ども

2011年3月30日
障がいのある子ども
身体障害者手帳

 身体に障がいのある子どもが、さまざまな福祉制度を利用するために必要な手帳です。手帳は障がいの程度により1 級から6 級まであります。
●対象:目・耳・口・手足・体幹または内部(心臓・じん臓・呼吸器・ぼうこう・直腸・小腸・免疫)などの障がいのある子ども
●手続き:指定医師の診断書と本人の写真が必要です。

●問い合わせ先:福祉課・障がい者福祉班
 TEL:0959-37-0069

療育手帳

 知的機能の障がいがある子どもが、療育・援助を受け、様々な福祉制度を利用することができる手帳です。手帳は障がいの程度によりA1,A2、B1,B2 の区分があります。
●手続き:本人の写真が必要です。

●問い合わせ先:福祉課・障がい者福祉班
 TEL:0959-37-0069

精神障害者保健福祉手帳

 精神障がいのある子どもが、様々な支援・施策を利用することができる手帳です。手帳は障がいの程度により1 級から3 級まで区分があります。
●手続き:指定医師の診断書と本人の写真が必要です。

●問い合わせ先:福祉課・障がい者福祉班
 TEL:0959-37-0069

特別児童扶養手当

 精神または身体に障がいのある20歳未満の児童を監護している父母(父母が監護しない場合は養育者)に手当が支給されます。
 ※次に該当する場合には支給されません。
 ・児童が児童福祉施設等に入所している。
 ・児童が障がいを支給事由とする公的年金などを受給している。
 ・児童を監護している父母(養育者)または同居の親族の所得額が所得制限限度額を超えている。
 (所得制限限度額は、扶養親族数により異なります。)
●手続き:市民課または、福祉課へ申請が必要です

●問い合わせ先:福祉課・障がい者福祉班
 TEL:0959-37-0069

障害児福祉手当

 精神又は身体に重度の障がいを有するため、日常生活において常時の介護を必要とする状態にある在宅の20歳未満の者に支給されます。
 ※次に該当する場合には支給されません。
 ・施設等に入所している。
 ・障がいを支給事由とする公的年金などを受給している。
 ・父母または同居の親族の所得額が所得制限限度額を超えている。
 (所得制限限度額は、扶養親族数により異なります)
●手続き:市民課または、福祉課へ申請が必要です。

●問い合わせ先:福祉課・障がい者福祉班
 TEL:0959-37-0069

障がい児・者福祉医療費

 保険証を使って医療機関で受診された際、支払われた保険診療金額について、その一部を助成します。

 ※所得制限があります。
○助成内容:医療機関の窓口で支払った自己負担額から医療機関ごと、ひと月につき1日あたり800 円、限度額1,600 円を差し引き支給します。薬局は容器代等以外の保険適用分の全額を支給します。(身体障害者手帳3級、
療育手帳B1、身体障害者手帳4級、療育手帳B2の方は支給金額が1/2 となります)
○手続き:事前に申請が必要です。

 身体障害者手帳、療育手帳または、精神障害者保健福祉手帳、保険証、印かん、通帳が必要です。
※西海市外から転入してきた方は、所得額が確認できる書類が必要な場合もあります。

●問い合わせ先:福祉課・総務福祉班
 TEL:0959-37-0069


自立支援医療 1.育成医療

 身体に障がいがあるか、現存する病気を放置すると将来に障がいを残すと認められ、手術等により確実な治療効果が期待できる病気の児童に対して、医療費の負担を軽減するものです。
 この給付の対象となるのは、指定医療機関における治療であり、医療機関窓口での自己負担が原則として医療費の1割となりますが、所得により月当たりの自己負担に上限額が設定されます。
●対象者:身体に障がいがあるか、現存する病気を放置すると将来に障がいを残すと認められ、手術等により確実な治療効果が期待できると認められた18歳未満の児童。

●問い合わせ先:福祉課・障がい者福祉班
 TEL:0959-37-0069

自立支援医療 2.精神通院医療

 精神疾患で継続的な通院医療を要する場合、その医療費を助成します。
●手続き:申請書、医師の診断書、健康保険証(写し)、同意書等が必要。

●問い合わせ先:福祉課・障がい者福祉班
 TEL:0959-37-0069

小児慢性特定疾患治療費助成

 長期にわたる療育を必要とする小児慢性特定疾患治療対象となった満18 歳未満のこども(18歳到達後も引き続き治療が必要と認められる場合は20 歳到達まで延長可能)に対し、医療費を助成します。詳細は保健所へおたずねください。

●問い合わせ先:西彼保健所
 TEL:095-856-0691

障害者等交通費助成事業

 在宅の心身障がい児等が容易に外出できるように、タクシー等の利用券を交付します。
○対象:身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちで、市税の滞納が無い方
○助成額: 年額 10,000 円
 ※金額は申請月により変動します。
○手続き:身体障害者手帳、療育手帳又は精神障害者保健福祉手帳のいずれか、印鑑

●問い合わせ先:福祉課・総務福祉班
 TEL:0959-37-0069

有料道路通行料金の割引

 障がいのある方の自立と社会参加を支援するため、有料道路料金の割引をする制度です。
●対象者:身体障がいのある人本人又は介護者
 (※介護者が運転する場合は条件があります。)

●問い合わせ先:福祉課・障がい者福祉班
 TEL:0959-37-0069

手帳を見せて、すぐ使えるサービス

身体障害者手帳、療育手帳をお持ちの方が、JR,バス、路面電車、タクシー、船舶、航空機を利用する場合、割引を受けられます。
精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方は、バス、路面電車、タクシー、一部船舶を利用するとき、割引を受けられます。ただし、障がいの程度、年齢などにより割引を受けられないこともありありますので、利用される窓口でおたずね下さい。

●問い合わせ先:各交通機関窓口

パーキングパーミット制度

 身体障がい者用駐車場のうち、管理者の協力を得た駐車場を、県内共通の利用証を提示することで利用できる制度です。なお、佐賀県・熊本県でも利用できます。
●対象:身体障害者手帳、療育手帳をお持ちの方(※等級により、対象とならない場合があります。)、けが人、妊娠7ヶ月から産後3ヶ月の妊産婦、要介護度1 以上の認定を受けている高齢者、特定疾患医療受給者
●手続き:市民課または福祉課へ申請が必要です。

●問い合わせ先:福祉課・障がい者福祉班
 TEL:0959-37-0069

障害福祉サービス

 障がいの程度が一定以上の人に生活上または療養上の必要な介護(介護給付)及び身体的または社会的なリハビリや就労につながる支援(訓練等給付)を提供します。
【障がい児が利用できるサービス】
☆介護給付
1.居宅介護(ホームヘルプ)2.行動援護3.同行援護4.短期入所(ショートステイ)5.重度障害者等包括支援
●手続き:事前に市民課または福祉課へ申請が必要です。
●費用:世帯の収入状況により上限があります。

●問い合わせ先:福祉課・障がい者福祉班
 TEL:0959-37-0069

地域生活支援事業

 外出時の支援や日中の一時預かり、日常生活用具の給付、手話通訳者の派遣など、自立した日常生活を営むために必要なサービスを提供します。
●手続き:サービス等を利用するには市民課または福祉課へ事前に申請が必要です。

●問い合わせ先:福祉課・障がい者福祉班
 TEL:0959-37-0069

補装具費の支給

 身体障がい児(者)に対し、補装具の購入や修理にかかる費用(基準額)を助成します。
●費用:購入・修理費用の原則1割が自己負担です。
 ※世帯の課税状況により自己負担上限額があります。
●手続き:事前に市民課または、福祉課へ申請が必要です。

●問い合わせ先:福祉課・障がい者福祉班
 TEL:0959-37-0069

 

軽度・中等度難聴児補聴器購入費助成事業

 身体障害者手帳の対象とならない軽度・中等度の聴覚障害のある児童に対して、補聴器の装着による言語能力やコミュニケーションの向上を促進するため、補聴器の購入費用の一部を助成します。


●問い合わせ先:福祉課・障がい者福祉班
 TEL:0959-37-0069


心身障害者扶養共済制度

障がいのある方を扶養している保護者に万一(死亡・重度障がい)のことがあったとき、障がいのある方に終身一定額の年金を支給する制度です。
●加入資格:心身に障がいのある人の保護者で、県内に居住し、特別の疾患又は障がいがなく、65歳未満の方。

●問い合わせ先:福祉課・障がい者福祉班
 TEL:0959-37-0069

NHK放送受信料の免除

 障がいのある方を対象としたNHK受信料を免除する制度です。

●問い合わせ先:福祉課・障がい者福祉班
 TEL:0959-37-0069

税制上の優遇措置

 お子さんが障害者手帳をお持ちになる場合、税金の控除を受けられる場合があります。
◎所得税・住民税・相続税の控除(障がい程度の区分等によって控除の内容が変わりますので、詳しくはお問い合わせ下さい。)

●問い合わせ先
 所得税・相続税→長崎税務署 TEL:095-822-4231
 住民税→税務課・市民税班 TEL:0959-37-0062

自動車税・自動車取得税

 身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳をお持ちの方ご本人が自動車を運転する場合、または家族の方が代わって通院・通学・通所・就労のために運転する場合、および単身世帯等の障害者が所有する自動車を、常時介護する方が通院・通学等のために運転する場合に、自動車税。自動車取得税が減免されます。
●自動車税、自動車取得税・・・長崎県税事務所(ただし、軽自動車税は西海市役所税務課)

●問い合わせ先
 長崎県 県北振興局税務部 TEL:0956-23-1386
 西海市役所税務課 TEL:0959-37-0062

住宅改修費の助成

 在宅の重度の障がい児が家庭内での日常生活を過しやすくするため住宅改修費の一部を助成しています。※所得制限があります。
●対象:身障手帳1~2級の方
●助成:工事費の2/3以内を助成(上限22万円)

●問い合わせ先:福祉課・総務福祉班
 TEL:0959-37-0069

西海市「療育を考える会」

●目的:市内に療育の場所・相談機関などの体制づくりを進め、安心して子育てができるまちづくりに取り組んでいます。
●内容:情報交換、研修会、施設見学、親子料理、バザーの実施など
●対象:市内の障がい児親の会や療育の支援を受けている方、関心がある方
●会員費:登録を希望される方は、年会費1,000 円賛助会員として、活動に賛同される方は、賛助会費として1口500 円

●問い合わせ先:福祉課
 TEL:0959-37-0069



戻る

西海市 保健福祉部