さいかい子育てガイドブック・女性支援

2011年3月30日
障がいある子ども
女性に対する暴力を根絶するために

 女性が抱える問題は、時代とともに複雑多様化してきており、DV(配偶者等からの暴力)など、緊急性の高い深刻なケースが急増しています。
 家庭内の問題だからと一人で悩まず、問題が深刻にならないうちに相談する事が大切です。
 各市町には女性相談窓口があり、電話相談や来所相談に対応していますが、「暴力から逃れる必要がある」など、緊急性が高いと判断される場合は、一時保護を行います。

●問い合わせ先:こども課・子育て支援班
 TEL:0959-37-0029

長崎県こども・女性・障害者支援センター(配偶者暴力相談支援センター)

 婦人相談所は、配偶者からの暴力、家庭内の破綻など、生活を営む上で困難な問題を抱えている女性を支援します。 電話や来所による相談に対応し、必要があれば一時保護を行います。
 長崎県では、長崎こども・女性・障害者支援センター(長崎市)にあります。
 なお、佐世保こども・女性・障害者支援センターでも女性に関する電話や来所による相談に対応しています。
 女性が抱えるさまざまな問題について、専門の職員や相談員(婦人相談員)が相談に応じ、一緒に問題解決の方法を考えます。
 英語が話せる相談員も配置されています。

●問い合わせ先:配偶者暴力相談支援センター
 TEL:095-846-0560

男女共同参画の促進

 仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)を図るため、職場優先の組織風土や男性を含めた働き方の見直しなど意識の啓発を推進し、家庭・子ども・地域に関わる時間が持てる社会の実現に取り組みます。また、子どもを生み育てることに関心を持ち、子育てへの評価を高め、父親・母親・地域で子どもを楽しみながら育てていける環境をつくります。

●問い合わせ先:安全安心課・安心生活班
 TEL:0959-37-0028

子宮頸がん検診について

 子宮頸がんの予防のため20 歳になったら検診を受けましょう。
●対象:20歳以上の女性

●問い合わせ先:健康ほけん課
 TEL:0959-37-0067


戻る

西海市 保健福祉部