4月8日(金) 大震災被災地、福島県へ保健師等の職員を派遣

2011年4月8日

20110408-1.jpg

市職員の福島県への災害派遣が緊急に決まり、朝一番に「災害支援職員派遣壮行会」を開きました。 

 

派 遣 期 間 

4月11日(月)~17日(日)

4月16日(土)~22日(金)

4月21日(木)~27日(水)

4月26日(火)~5月2日(月)

既に、長崎県、長崎市、佐世保市は派遣していますが、このたび西海市と諫早市がこれに加わり活動することになったものです。西海市では、4月11日から5月2日にかけて、4班が交代して現地での作業を行います。各班ともに、保健師2名と移動や作業補助のための事務職員1名の3名で、計12名の派遣となります。 

市議会議場で開かれた壮行会では、派遣職員に対し「被災地は、保健師のしっかりしたケアを求めている。西海市の代表として立派に務めてきてほしい」と激励しました。それに対し派遣職員の代表は、「派遣に不安があるが、被災者はもっと不安。ベストを尽くしてきたい」と力強く決意を述べてくれました。

無事に帰ってきてください。

 

 

 

 

20110408-2.jpg 

この日は市立大島幼稚園の入園式と市内の3高校の入学式があり、わたしは西彼農業高校に出席しました。お祝いのあいさつで、中浦ジュリアンなど西海市にゆかりのある歴史上の人物を紹介しましたが、真新しい制服がとてもまぶしい新入生たちは興味深そうに聞いてくれました。