文化財 《無形民俗文化財》

2011年8月29日


平島ナーマイドー (県指定) 指定年月日:2003(平成15)年3月25日

平島ナーマイドー
所在地 西海市崎戸町平島 地 図
文化財の概要

江戸時代、平島の淨専寺(じょうせんじ)の僧と庄屋の娘が心中した。ナーマイドーは、その供養と島内の安全を念ずる仏教行事として始まったと伝わる。身を投げたとされる清水観音近くの断崖の下には、2人の冥福のため建立されたと考えられる浄土三部経の一字一石塔がある。一字一石塔とは、小石に経典の文字を1字ずつ書き、それをまとめて埋めた場所に目印として建てる塔である。行事の内容は、清水観音の境内で藁縄を数珠に見立てた大綱となし、行列して、「ナーマイドー(南無阿弥陀仏)」と唱えながら、島内を引き回した後、大綱を海に流す、というものである。もともとは男の子供が担い手の行事であったが、現在は平島ナーマイドー保存会が行事を担い、大人も参加して継承されている。かつては陰暦615日に行なわれていたが、現在は7月の「海の日」に行なわれている。


このページの先頭に戻る

下岳龍神祭 (市指定) 指定年月日:1971(昭和46)年9月30日

下岳竜神祭
下岳竜神祭
所在地 西彼町下岳郷 地 図
文化財の概要

安政4年(1857)、波佐見の永冨久平次が大村藩の許しを得て下岳村に新田を開拓した祝いに始められた(新田については『郷村記』の「大串村之内下岳村」に詳しい)。下岳神社から市杵島神社(龍神社)の間を浮立行列が往復する。行列は、「警護-(のぼり)-汐汲み-挟み箱-(から)-大太鼓-(かね)-笛-弓-鉄砲-槍-旗-刀-薙刀(なぎなた)-榊-供物-大麻-三種神器-神酒-大榊-神輿-賽銭箱-お供人」という編成である。「ここはお江戸を三百里、裸足で道中なるものか、なるばぞここまでやって来た、ハアコイヤ、サートコサ、ハーヨイヨイ・・・」と囃子唄を唄いつつ歩く。現在、祭礼は毎年829日に行われている。


このページの先頭に戻る


上岳八朔祭 (市指定) 指定年月日:1971(昭和46)年9月30日

上岳八朔祭
上岳八朔祭
所在地 西彼町上岳郷 地 図
文化財の概要

上岳神社は、寛永14年(1637)、住吉大明神(鰐淵鎮守)として建立された。この上岳八朔祭(かみだけはっさくさい)は、神輿行列と大名行列が複合をしたものとなっている。明治3年(1870)、住吉大明神、八幡神社(喰場鎮守)、山王権現(山中鎮守)を合祀して上岳神社となった際に始められた。上岳神社から明喜田(みょうきだ)のお休み所までの間を往復する。「八朔」とは陰暦の81日で古来から稲の実りを祝う風習があった。行列は「(のぼり)‐汐汲み‐(さかきばな)(かたなゆみ)薙刀(なぎなた)‐挟み箱‐(から)‐笛‐小太鼓‐大太鼓‐(かね)‐供物‐神輿‐お供人」という編成である。現在は毎年8月の最終日曜日に行われている。


このページの先頭に戻る


平山礎築(いしづき)音頭 (市指定) 指定年月日:1971(昭和46)年9月30日

平山礎築音頭
所在地 西彼町平山郷 地 図
文化財の概要

礎築音頭(いしづきおんど)は、八人ヶ岳(西彼町平山郷)頂上に位置する琴平(金比羅)神社の祭礼に際し、奉納される。その由来は博多の防塁工事の際に唄われた、士気を鼓舞するための作事唄であるという。その作事唄が妙経寺(西彼町白崎郷)建築の基礎固め(礎築)に唄われ、今日に伝わるという。礎築は、先端に紅白の布と鈴をつけた丸太を3本の柱で支え、12本の綱で丸太を地面から引き上げては落とす動作をくり返して行う。「綱揃え」「小栗判官の巻」「締め方衆の囃し」「数え神」「五尺手拭」「甚九郎さんの巻」「締くどき」「つき納め」「宇佐八幡」などの音頭を進行に合わせ、綱を引く間に囃す。祭礼日は410日に近い日曜日である。


このページの先頭に戻る


白崎浮流 (市指定) 指定年月日:1971(昭和46)年9月30日

白崎浮流 白崎浮流
所在地 西彼町白崎郷 地 図
文化財の概要

春日神社に奉納される白崎郷の行列浮立である。春日神社は『郷村記』の「大串村之内下岳村」に「春日大明神 膝行神鎭守、神躰木坐像、中彩色 例祭九月十五日、妙經寺勸請」と記されている。浮立(ふりゅう)は明治2年(1869)に始められたという。春日神社の御輿が妙経寺に遷座され、十六善神の祠を経て、春日神社に下って終わる。行列には、和紙張子の面が二つ(男性・女性)竹竿に吊るされる。これは道祖神とも猿田彦(さるたひこの)(みこと)ともいわれる。行列は「警護‐汐振(しおふ)り‐薙刀(なぎなた)(ほこ)道祖神(どうそしん)‐春日大明神‐十六善神旗‐榊‐(かさぼこ)‐挟み箱(から)(ふえ)‐大太鼓‐小太鼓‐お供」という編成である。祭礼は7月の最終日曜日に奉納されていたが、平成12年をもって中止されている。

お問い合わせ

教育委員会
社会教育課 文化スポーツ班
電話:0959-37-0079
ファクシミリ:0959-22-9011