選挙の種類

2012年2月17日

選挙には、国政選挙や地方自治体の選挙など、いろいろな選挙があります。

このうち、西海市における選挙については次のとおりとなっています。

 

 

公職選挙法に規定されている選挙(公職選挙法第2条)

選挙の種類 定数 任期

任期満了日

衆議院議員選挙

小選挙区1人(長崎県第2区※1

比例代表21人※2(九州ブロック)

4年 平成30年12月13日
参議院議員選挙

選挙区2人(長崎県選挙区)

比例代表96人(全国)

6年

(3年毎に

半数改選)

平成31年7月28日

平成34年7月25日

長崎県知事選挙 1人 4年 平成30年3月1日
長崎県議会議員選挙 1人(西海市選挙区) 4年 平成31年4月29日
西海市長選挙 1人 4年 平成33年4月30日
西海市議会議員選挙 18人 4年 平成33年4月30日

※1 平成29年7月16日の施行日以後に初めて実施される衆議院総選挙から「第4区」となる。

※2 平成29年7月16日の施行日以後に初めて実施される衆議院総選挙から「20人」となる。 

 

 

公職選挙法の一部を準用して実施する選挙

選挙の種類 定数  任期 任期満了日

西海町土地改良区総代選挙 (土地改良法)

50人 4年 平成33年3月1日
長崎県南部海区漁業調整委員会委員選挙(漁業法) 9人 4年 平成32年8月7日