平成27年度 軽自動車税の税額改正のお知らせ

2014年11月17日

 平成27年度 地方税制改正において車体課税の見直しにより二輪車(原動機付

自転車、軽二輪、小型二輪)についての増税が1年間先送りされることになりました。

 平成27年度の二輪車の税額は現行のままです。 

 

◆原付・軽二輪・小型二輪の税額は次のとおり。

   

車種

税額

現行

平成27年度まで

改正

平成28年度より適用

原付

  50cc以下

1,000円

2,000円

  50cc超~90cc以下

1,200円

2,000円

  90cc超~125cc以下

1,600円

2,400円

  ミニカー

2,500円

3,700円

軽二輪(125cc超~250cc以下)

2,400円

3,600円

小型二輪(250cc超)

4,000円

6,000円

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

◆小型特殊の税額は次のとおり。 

車種

税額

現行

平成26年度まで

改正

平成27年度より適用

小型特殊(農耕用)

1,600円

2,000円

小型特殊(その他)

4,700円

5,900円


 

 

 

 

 

 

 

 

三輪(ミニカーを除く)・軽四輪車について

平成27年4月1日以後に最初の新規検査を受けるものから次の表のとおり税額が改正されます。

 (平成27年3月31日までに最初の新規検査を受けたものについては現行の税率のままです)

※ 最初の新規検査とは、今までに車両番号の指定を受けたことのない軽自動車を新たに使用すると

きに受ける検査です。

また、平成28年度からは、最初の新規検査から13年を経過した三輪(ミニカー除く)・軽四輪車に対して重課税として次の表のとおり税額が概ね20%増額されます。(但し、動力源または内燃機関の燃料が電気・天然ガス・メタノール・混合メタノール・ガソリン電気併用の軽自動車及び被けん引車は重課税の適用外となります)

※ 一定年数を経過した環境負荷の大きい軽自動車には税率を重くするという意味で重課税が導入さ  れます。(13年経過した月の翌年度から適用)

 

 

車種 税額
現行 改正 重課税
三輪(ミニカーを除く) 3,100円 3,900円 4,600円
軽四輪 乗用 自家用       7,200円 10,800円 12,900円
営業用 5,500円 6,900円 8,200円
貨物用 自家用 4,000円 5,000円 6,000円
営業用 3,000円 3,800円 4,500円
特種用途 自家用 4,000円 5,000円 6,000円
営業用 3,000円 3,800円 4,500円
車椅子移動車 4,000円 5,000円 6,000円

 

 

◆軽自動車税のグリーン化特例(軽課)が導入されます。

 ※平成27年度に新規取得した一定の環境性能を有する軽四輪車等(三輪以上の軽自動車)について、平成28年度の税率が軽くなる特例措置です。

 

○対象および軽課割合

<軽四輪乗用車> 

 

車種 内容
電気自動車等 税率を概ね75%軽減
H32年度燃費基準+20%達成車 税率を概ね50%軽減
H32年度燃費基準達成車 税率を概ね25%軽減

 

 

 

 

 

 

 

 

 <軽四輪貨物車>

 

車種 内容
電気自動車等 税率を概ね75%軽減
H27年度燃費基準+35%達成車 税率を概ね50%軽減
H27年度燃費基準+15%達成車 税率を概ね25%軽減

 

 

 

 

  

 

 

 

※詳細が分かりしだい改めてお知らせします。

 

関連ワード

お問い合わせ

HP更新
税務課
電話:0959-37-0062
ファクシミリ:0959-23-3101