風疹の患者が増えています~風疹からお腹の子どもを守りましょう~

2018年10月25日

 

 

 

 

 

【風疹とは】

風疹ウイルスによって感染する急性感染症で、感染者の飛まつ(唾液のしぶき)などによって

他の人にうつる感染症です。風邪に似ており、感染すると発熱、発疹、リンパ節腫脹といった

症状が認められます。発症までの潜伏期間は、約2週間から3週間と長く、発疹の出る2日から

3日前から感染力があります。心配なのは、妊婦が風疹にかかると、先天性風疹症候群(CRS)

と言って、生まれてくる子どもが眼や耳、心臓に障害を持って生まれてくる可能性があるため、

注意が必要です。

 

【予防するために】

 

huusinnyobou.png
 
※定期予防接種を受けましょう

麻疹風疹(MR)

対象1期:生後12月から生後24月未満(2歳未満)

対象2期:5歳以上7歳未満の者であって、小学校就学の始期に達する日の1年前の日から当該始期

に達する日の前日までの間にある者(年長児)
                                        出典:厚生労働省・長崎県HP


★抗体検査ができる公的機関

西彼保健所HP掲載

https://www.pref.nagasaki.jp/bunrui/hukushi-hoken/kansensho/kansensyo-seihi/husinkensa-seihi/

お問い合わせ

HP更新
こども課
電話:37-0029