Saikaiブログ

大島を緑豊かで元気な街に~環境美化を考える会・田口昭子さん

2016年7月15日

 

かつては「炭鉱のまち」として栄えていたものの

炭鉱の閉山とともに、

人も街も活気を失ってしまった大島町

 

 

「大島はもうダメだ…」

周りの人から口々に出る、元気のない言葉に

たった1人立ち上がった女性がいます。

 

 

 

「環境美化を考える会」代表の田口昭子さんです。

 

 

そんな田口さんのこれまでの活動をご紹介します。

  

 

 

ごみ拾いから花の植栽農園づくり

 

 

きっかけは、自身が経験した大病。

命の危険もあった病気を無事克服し、

「救われた命で、何らかの形でまわりに恩返ししたい」

という思いが芽生えたそうです。

 

 

そこで田口さんが、まずひとりで始めたのが

大島町内の空き缶などのごみ拾いでした。 

 

 

仕事を始める前の毎朝早く、大島町のいろんな場所で

ごみ拾いを続けた田口さん。

活動する姿を見て、今までは面識がなかった人たちが

1人また1人メンバーに加わっていきました

 

 

私は“手伝う”や“加勢する”という言葉は嫌いなんです。

どこか他人事のような気がして。

この活動をしてもらうなら、主体的に参加してほしい。

人にやらされているのでなく

自分がやりたいことするから楽しさがあると思うんです。」

と田口さん。

 

 

そんな田口さんの考えに賛同して

参加しているメンバーのみなさん。

活動後の帰り道でも、

積極的に道路脇の雑草を引き抜いて帰る姿が

とても印象的でした。

 

 

 

今年で活動を始めて33年目

20代から最高年齢は84歳まで

自ら進んで参加するメンバーは広がりに広がり

今や116に。

 

 

活動の幅もだんだんと広がり

ごみ拾いだけでなく、道路脇の除草花の植栽

除草後の草木や生ゴミから作った堆肥利用した

農園づくりなど多岐にわたっています。

 

 

 

廃校になった校庭を開墾して農園に。

除草で出た草木を堆肥化して野菜づくりへと循環

 

 

その活動は全国的にも認められ、今年6月には

緑化推進運動功労者 内閣総理大臣表彰」(内閣府主催)

を受賞しました。

 

 

 

 

子どもたちと一緒に道路美化活動農園食育体験

 

 

 

7月1日には大島町・崎戸町の各地で

両町に住む小・中・高校生、園児、地域住民

約600名参加して清掃植栽活動行われました。

 

 

馬込桟橋近くの道路脇に「ガザニア」という花の茎を

さし芽して植栽しました。黄色い花を咲かせます。

 

 

↑植栽前。石ころだらけの自転車道路脇。

 

 

↑植栽後かわいらしい花が咲くのが楽しみ♪

 

 

また、平成16年から行われている食育活動では

西海市内に限らず佐世保市を含めた9校と連携し

野菜の土づくりから食べるまで体験の場を

子どもたちに提供しています。

 

 

田口さんが1人で始めた活動は今や大島町から西海市を超えて

市外の人子どもたちをも含めた動きへと育っていきました。

元気付けられた大島町は、

ほかの地域にも大きな刺激を与えています。

 

 

 

活動後にメンバーといろいろな話をしながら

お茶を飲むのが1番の活力源!

と話す田口さん。

 

 

緑と花で彩ったきれいな道路

大島町を訪れる人をおもてなしするため

田口さんをはじめ住民のみなさん

今日もイキイキ美化活動に励んでいます♪

 

 

「環境美化を考える会」のみなさん

 

 

 

「環境美化を考える会」

8572427   西海市大島町1617

TEL:0959-34-2364

お問い合わせ

HP更新
情報観光課
電話:0959-37-0064
  • 創業100周年「お菓子のいわした」vol.1
    「地域おこし協力隊」新メンバー2名着任!
    地域商社「西海クリエイティブカンパニー」