Saikaiブログ

熊本県の子どもたちが西海市で夏の思い出づくり

2016年9月8日

 

8月最後の日曜日。

西彼町にある「ポートホールン長崎」で、

子どもたちの夏の思い出作りをお手伝いする

楽しい企画が開催されました♪

 

 

 

 

この春の熊本地震で被災されたお子さんとご家族、

そして、西海市内に住むお子さんとご家族を招待する

子ども交流支援事業」です。

 

 

 

きっかけは、今年7月に「ポートホールン長崎」内に

美術館をオープンした芸術家、大野勝彦さん。

 

 

 

 

 

ご自身も熊本県生まれであり、南阿蘇にある大野さんの

詩・絵画の美術館「風の丘阿蘇」が地震によって被災。

縁あって今年7月「ポートホールン長崎」に新たな美術館

「風の丘ポートホールン大野勝彦美術館」を開館しました。

 

 

阿蘇の美術館は、その後の大雨による土砂崩れなど

被害が重なり、現在は再建に向けて準備の真っ最中。

 

 

そこで、新しい美術館があるこの西海市に

熊本県の子どもたちを招待し、夏の思い出づくりを応援しよう!

復興のため、子どもたちやその家族に笑顔になってもらおう!

ということで今回の企画が実現しました。

 

 

熊本県内は再建中の建物や通行止めの道など

まだまだ震災の傷跡が残っているそう。

「1人ひとりが笑顔になることで復興に向けた強い気持ちを

もってほしい」と大野さん。

 

 

 

思い出作りのプログラムは3つ。

まずは、大野さんのレクチャーを受けながら

スケッチ大会♪

 

 

 

この日はあいにくの雨だったため、大野さんの美術館内で

お母さんの絵を描くことに。

毎日一緒に過ごす、大好きなお母さんの顔。

子どもたちは自分の絵とお母さんを見比べながら、

一生懸命クレヨンを使って思いおもいに描いていました。

 

 

 

 

 

 

次に、西海市ならでは!のペーロン体験。

西海市の小・中学生たちでも乗るのは初めてという子も。

男子8名・女子6名がそれぞれ分かれて挑戦しました!

 

 

 

 

 

 

息を合わせて櫂で漕ぐ練習をしたら、最後は

男子対女子のペーロン1本勝負!

 

 

 

 

結果は・・・最後まで力強く櫂で漕ぎ切った

男子チームの勝利!!

みんな、いきいきとした表情を見せていました♪

 

 

 

この後、子どもたち・ご家族は「長崎バイオパーク」へ。

動物たちとのふれあいを楽しみ、西海市を後にしました。

 

 

 

 

 

招待された子どもたちとご家族は、ポートホールン内「レストラーテ・ホールン」でランチ♪ 

熊本県から来たご家族と田中市長。

 

 

熊本県から来たご家族は、震災以降、

今回が初めての「家族でのお出かけ」という方たちもいました。

地震の影響で授業ができなかった期間があったために、

今年の夏休みは、例年と比べ遅く始まり、早く終わった地域もあります。

 

 

 

  

今回、西海市で過ごした1日が、今年の夏の

忘れられない楽しい思い出となったでしょうか?

ぜひ、また西海市に遊びに来てくださいね♪

 

お問い合わせ

HP更新
さいかい力創造部 情報観光課
電話:0959-37-0064
  • 「地域おこし協力隊」新メンバー2名着任!
    1/21(日)開催「さいかいDEパパママまるしぇ」
    地域商社「西海クリエイティブカンパニー」