Saikaiブログ

食と健康の大切さを伝えるボランティア「ヘルスメイト」

2016年9月29日

 

「私達の健康は、私達の手で」をスローガンに。

食を通して家族や地域の健康づくりをサポートする

食育のアドバイザー。

それが食生活改善推進員(ヘルスメイト)の方たちです。

 

 

 

子どもから大人まで、地域の住民を対象に

料理教室や食育活動などをボランティアで行っています。

 

 

食生活推進員の歴史は長く、活動のきっかけは

戦後の食糧難の時代から。

子どもたちや家族の健康を守るため、当時保健所が

主催した栄養講座に参加した主婦たちが

「自らが健康生活の実践者になろう!」と

自発的にグループを立ち上げました。

 

 

その後全国的に活動が広がり、現在1718市町村が活動に参加。

(平成284月現在)

長崎県でも地域ごとに支部を構成して3400名の方が

活動しています。

 

 

9/14西海町にある「西海保健センター」で

ヘルスメイト西海支部の講座と実習が行われる

ということでお邪魔しました♪

 

 

西海支部でには、現在19名の方が在籍。この日は15名が集まりました。

 

 

 

この日の講座のテーマは2つ。

()「大人の食育」として

「高血圧予防の減塩」「糖尿病予防の減量」。

 

()「高齢者の食育」として

「低栄養予防」「軽い運動で転倒・骨折予防」。

 

西海市役所の管理栄養士・近藤さんからレクチャーを受けました。

 

 

 

 

講座に併せて、この夏の活動報告もメンバー内で発表。

西海町内の保育園や学童の子どもたち、

お父さん・お母さんに向けて調理実習を開催したそう。

 

子どもたちには、調理実習だけでなく「魚クイズ」や

「食べ物カルタ」、食物アレルギーに関する知識など、

遊びを通して食に関する知識も伝えています。

当日の子どもたちやお父さん・お母さんの感想も

交えて、次回の課題などをメンバーで共有していました。

 

 

また、西海支部のみなさんは、市内に住む

男性向けの料理教室も西海保健センターで開催。

回を重ねるごとに、包丁さばきや段取りの

手早さがアップしているそうです。

 

 

 

 

 

次は調理実習♪

今回のテーマは「生涯骨太クッキング」。

乳製品を上手に取り入れて、カルシウム不足を

予防しよう!というメニュー内容です。

 

・鮭とチーズのコロッケ

・さけるチーズとポテトのサラダ

・甘納豆ケーキ

・雑穀ご飯

 

 

コロッケには、ほぐした焼鮭入り。クリームチーズを包んで揚げます。

 

 

 

こんがり揚がっておいしそう♪

 

サラダにも細く裂いたチーズを入れます。ドレッシングはゆず胡椒入り

 

 

ケーキの生地にはスキムミルク入り。トッピングの甘納豆がアクセントです。

 

 

 

 

見事な連携で役割分担で、約1時間ほどして

4品が完成!

さっそくみんなで試食です♪

 

 

 

 

でも、そこは食生活のアドバイザー!!

 

ただおいしく食べるだけでなく、

料理教室で教えるには調理しやすいか?

どのように野菜を切ったら食感が良くなるか?

調理時間の配分は?

などなど・・・

「伝える側」としての意識を持ちつつ

今回のメニューについて感想を話し合いながら

試食をしていました!さすが

 

 

 

ヘルスメイトの方たちは、

先生”ではなく“地域のお母さん”だからこそ、

愛情込めたおいしい料理から、「食の楽しさ」「健康の大切さ」

を市民のみなさんに伝えています♪

 

 

 

コンビニやファストフード、外食など、手軽な食べ物が

すぐ手に入る飽食の現代。

「何を選んで、どう食べるのか?」

大人も子どもも、自分で意思と知識を持って

選択する力を養いたいですね。

 

ぜひ、お近くの地域で活躍するヘルスメイトさんの

講座に参加して、おいしく学んでみませんか? 

お問い合わせ

HP更新
健康ほけん課 健康づくり班
電話:0959-37-0067
  • ハート型のトマトを探せ!「大島トマト狩り」~5月下旬
    5/2~5「第20回 雪浦ウィーク」
    「春の伊勢海老 水揚げまつり」4/11~