Saikaiブログ

「NCCふるさとCM大賞」作品募集中!~雪浦撮影隊インタビュー

2016年10月21日

 

30秒のCMで地元・ふるさとの魅力をPR!

第12回「NCCふるさとCM大賞」の作品募集が始まりました。

 

 

第12回「NCCふるさとCM大賞」詳細.pdf(3MB)

 

 

【応募資格】は「長崎県内在住のアマチュアの方」

 となっており、学生の方でも、町内会でも、職場仲間でも、

 どんな方でも応募が可能なんです※1

 (※1:未公開作品に限ります。)

 

 

表彰対象となる作品数は約300本。

今年からは受賞を逃した場合※2でも、「参加賞」として

NCCでCMが放送されますよ

 (※2:一次審査を通過した作品)

 

 

自慢したい景色、誇りある地域の祭り、お気に入りスポット

などなど・・・あなたが思う地元の魅力・西海の魅力を

30秒のCMに込めて、ぜひご応募ください♪

 

 

 

ちなみに!

昨年の第11回では39作品の応募の中から、

「一般の部 ユニーク賞」を受賞した西海市の団体がいます。

 

大瀬戸町雪浦の「雪浦撮影隊」の方たちです

 

 

『雪浦撮影隊』は、雪浦で生まれ育った幼馴染14名で活動。

『ゆきのうLove』をキャッチフレーズに、

雪浦の魅力をより多くの人に広めたい!という思いから

伝統的なお祭り、自然風景などの映像作りをしています。

   

代表・監督の坂本 力(ちから)さんに、CM作りや

受賞の秘訣について、お話を伺いました。

 

 

雪浦撮影隊 公式Line

                       

「うしろの浜 ウミガメ孵化」はyou tube で観ることができます。

1作目 https://youtu.be/0pQV6DSSycE

2作目 https://youtu.be/Ib7rNeC3DYY

 

 

今回の作品「いざ行け、小さな宣伝大使」を製作された

きっかけは?

 

 

「他の映像製作のため帰省した際、運よくウミガメの孵化

 に遭遇できたのがきっかけです。

 13年ぶり、しかも最多の数の卵が孵化という、

 自然豊かな雪浦でも大変貴重で奇跡的な場面。

 雪浦の恵まれた環境を象徴するできごととして、

 CMにするにはぴったりの題材だと思ったんです。」

 

 

 

30秒のCMにまとめるのは大変だったのでは?

 

「いえ、孵化の様子をほぼドキュメンタリーのまま

CMにしたので、さほど時間はかかりませんでした。

感動的で貴重な映像として完成されている、と思ったので

あえて手を加えず生かしたかったので。

意外にそれが、賞をいただけた理由なのかもしれません。」

 

 

 

例えば、

見慣れた地元の神社に仮想のストーリーを設定した映像、

地域のこどもたちが元気でキラキラした様子を

そのまま映像化するなど、

身近にありすぎて、みんながまだ魅力に気づいていない

ような“素朴”な題材こそ、受賞のポイント!

かもしれませんね。

 

 

ちなみに、今年の第12回も応募されるのですか?

 

「今回も応募したいと考えています。

西海市の中からチャレンジした自分たちでも

賞をいただけたことを受け、ぜひより多くの学生や

町の人々に参加・応募してほしいです。

ライバルがたくさんいたほうが盛り上がりますからね!」

 

 

「映像撮影は、家庭で使うような小さいデジタルビデオカメラ。

編集もノートパソコンです。」

 

意外と手軽に手に入る、またはすでに持っている機材で

CMは作れるんですね

 

編集も、windowsなら「movie maker」という

内蔵のソフトでも可能だそうです。

 

 

  

まずはカメラを手に、地元のお散歩から

題材探しに出かけてみませんか?

 

お問い合わせ

HP更新
さいかい力創造部 政策企画課
電話:0959-37-0063
  • 10/21(日)開催「はつらつママさんバレーボールin西海」
    みかんの出荷スタート~JA長崎せいひ 小迎選果場
    食べてあそんで大満喫「第21弾さいかい丼フェア」