Saikaiブログ

西海ふるさと味紀行vol.1~「す~さんちのかんころもち」

2016年11月14日

 

「ふるさと西海応援寄附金」では、

西海市の海の幸・山の幸など、

さまざまな魅力ある特産品を、御礼品として

お届けしています。

 

 

その特産品たちが

どのような場所で、どんな人の手によって、

どのように作られているのか?

「Saikaiブログ」では、

作り手の方たちを訪ね、その想いを伺い

「西海ふるさと味紀行」としてシリーズで

ご紹介していきます。

 

 

今回の特産品は・・・

 

 

 

これ、なにを干しているか、分かりますか??

 

海沿いの場所で、晴れの日が続く秋から冬にかけて

よくこの光景が見られますよ。

 

 

 

 

 

正解は「かんころ」=サツマイモです。

 

 

正確には、皮を剥いて薄切りにしたサツマイモを、

茹でて干した状態です。

 

このサツマイモともち米を混ぜてついた

「かんころもち」は、長崎県の中でも海沿いの町で

昔から食べられてきた伝統的なおやつ。

子どもから大人まで、みんなに愛される

“ふるさとの味“なんです。

 

 

 <11月下旬申込スタート!!>

ふるさと西海応援寄附金 返礼品

「す~さんちのかんころもち」 6本セット(寄附金1万円~)

 

 

 

西海町で、「かんころもち」をご夫婦で手作りしている

巣木(すのき)さんを訪ねました。

 

巣木さんの屋号は「す~さんち菓子工房」。 

 

 

「かんころもち」の材料は主に、

サツマイモ、もち米、砂糖。

巣木さんは、自分の畑で収穫した

サツマイモともち米を使用しています。

“原材料から手作り“という、こだわりの

かんころ餅なのです。

 

 

サツマイモは

「紅千貫(べにせんがん)」という品種。

 

 

形がゴツゴツ、コロコロしていて、

加工するには扱いにくいそう。

けれど、かんころ餅に仕上がった時の色や食感は

この品種がベスト!ということで

巣木さんの家では昔からこの品種を使っています。

 

 

製造工程は、大きく分けて5つ。

 

(1)皮を剥き、薄くスライスする。

 

包丁を差し込んで使う手作りのスライサー。巣木さんのお父さんの代から使っているそう。

 

(2)茹でて天日干し。

 

「きれいな色に仕上げるには、茹で加減が難しい!」と巣木さんの奥様。

天日に干すのは、天気によって大体210日ほど。干しあがると「かんころ」と呼ばれます。

 

(3)かんころともち米を蒸す。

 

薪で火をおこし、昔ながらの羽釜と蒸し器を使います。

 

(4)蒸しあがったら、かんころともち米をつく。

< 1 >                                < 2 >

 

< 3 >                  < 4 >

 

餅つき機で砂糖も混ぜながら合計4回つきます。

 

()「なまこ型」に成形。

 

ご主人が計量→奥様が形を整える共同作業。

 

完成!荒熱が取れたらパックに詰めます。

 

この5段階の作業は2日間に分けて行われました。

 

 

 

それにしても・・・とにかく手間がかかっています!!

 

少し前の時代なら、巣木さんのご近所の各家庭でも

“冬の恒例”として行われていた「かんころ餅作り」ですが、

高齢になって自分たちではできなくなってしまった、

という方も多いそうです。

 

巣木さんたちは、年末になるとそんな方から依頼を受け、

かんころ餅を作っているそうです。

 

 

関東地方出身の筆者。

茹でた芋を干して乾燥させた「干し芋」が

なじみ深いおやつで大好物。

「干し芋」も手間がかかった食べ物ですが、

長崎県の「かんころ餅」は、

昔の人のマメさ・働き者の特徴が良く表れた、

さらに手間ひまをかけた伝統食品だと感じました。

 

寒さに弱く傷んでしまうサツマイモを、長く食べられるよう

おやつ・保存食として加工する知恵でもあるのでしょうね。

 

 

 

 

 「手間はかかるんだけど、西海市出身で他県にいる

友人や親戚が喜んで食べてくれるから。」

と、巣木さんご夫婦。

1つひとつ愛情を込めて作っているのは、

食べる人が「おいしかったよ~」と喜んだり、

笑顔になるのが何よりうれしいからなんですね。

 

 

 

おすすめの食べ方は・・・

お好みの厚さに切ってから、表面に薄く焼き色がつくくらいに

トースターで焼いてお召し上がりください。

 

焼くとお餅が膨れてふっくらします。外はかりっと、中はもっちり。

 

香ばしいサツマイモの香りと甘み、

お餅がもっちりやわらかくなって最高のおいしさです!!

アツアツのかんころ餅が、冷えた体を温めてくれますよ♪

 

 

 

 

「す~さんちのかんころもち」

 

寄附額:1万円~

 

受付開始:11月下旬~

 

発送可能時期:11月下旬~3月下旬

 

御礼品の詳細、ほかの御礼品のご紹介は・・・

ふるさと納税ポータルサイト「ふるさとチョイス」

お問い合わせ

HP更新
さいかい力創造部 情報観光課
電話:0959-37-0064
  • ハート型のトマトを探せ!「大島トマト狩り」~5月下旬
    5/2~5「第20回 雪浦ウィーク」
    「春の伊勢海老 水揚げまつり」4/11~