Saikaiブログ

子育ての“困った!”を地域でサポート~「ファミサポ」

2017年4月26日

  

4月もあっという間に終盤、もうすぐ5月ですね。

新入学や新学期のスタート、仕事の転職・復職など

この春、生活に変化があったご家庭も多いのではないでしょうか?

 

そこで・・・

地域に暮らす身近な“子育ての先輩”が、

お父さん・お母さんをサポートする便利なシステムをご紹介します!

 

「ファミリー・サポート・センターさいかい」

通称「ファミサポ」です。 

 

 

 

 

■「ファミサポ」は、地域のみんなが子育てをサポートするしくみ。

 

「子どもを預かってほしい」、「面倒を見てほしい」という保護者の方に対し、

会員登録しているサポーターの方たちが一時的に子育てを代わってくれる

有償のボランティアです。

 

 

 

※「ファミサポ通信 ちいきでこそだて」第1号より 

 

詳しい仕組みに関してはこちら↓

・西海市社会福祉協議会HP

・「ファミサポ通信 ちいきでこそだて」第1号

ファミサポ通信1P.pdf(1MB)ファミサポ通信2P.pdf(631KB) 

 

 

 

子育てサポートについて詳しいお話を伺いに

大島町の「西海市立 大島児童館」内にある

「ファミリー・サポート・センターさいかい」へお邪魔しました。

 

  

案内してくれたのは、スタッフの林 留美子さん(左)、麻生 智恵美さん(右)。

 

 

 

■気になる「ファミサポ」の利用について、いろいろ質問!

 

Q:お子さんを預かるサービス、ということで学童保育との違いはありますか?

 

A:「大きな違いは2つあります。

 1つは、お子さんを預かるに当たって“送迎”や“出張”もできる点。

 2つめは、平日・土曜日以外の日や、夜の時間もお願いできる点です。

 

例えば、提供会員さんに自宅まで迎えに来てもらうことや、

お母さんが病院へ通院する時に同行してもらう、ということも可能です。

休日や夜などもお願いできるのは助かりますね。

 

 

※2016年11月号「社協だより すくらむ」より 

 

  

Q:登録制ということですが、最初にどのような手続きが必要ですか?

 

A:提供会員さん(預かる側)、大切なお子さんの命を預かるため

   6時間×4日間の講習を受ける必要があります。

   依頼会員さん(保護者)は、利用に関して1時間ほどの講習を受けていただきます。

   初めてお子さんを預ける時には、両者が面談をして安心・納得してから利用となります。」

 

預かる側・保護者もきちんと顔を見て、人となりを知ってからなら

安心してお願いできますね。

 

 

※2016年8月号「社協だより すくらむ」より  

 

1度預かりをお願いした後は、ファミサポを介さず会員どうしでのやり取りで

利用が可能となります。

(※ただし利用の際には、必ずファミサポへの連絡が必要となります。)

 

安心できる提供会員さんが見つかれば、いざ困った!という時

直接頼むことができて助かりますね。

 

 

 

「ファミサポ」と同じ、大島児童館内にある「子育て支援センター」を利用のお子さん・お母さん。 

 

 

「ファミサポは

『お父さん・お母さん』と『子育てをサポートしたい人』の間に立つ、

橋渡し役なんです。」と林さん。

 

同じ地域におじいちゃんやおばあちゃんがいないご家庭や

学童がない日の急用など、どうしても困った時にはぜひ

地域のみなさんを頼ってみてはいかがでしょうか?

 

 

 

■提供会員(預かる側)として登録をしている方にもお話を伺いました。

 

市役所にお勤めの田浦 恵子さんです。

 

 

 

Q:登録をしたきっかけは?

 

A:「地域のお友達に誘われてはじめました。

 平日は仕事をしているため、預かるのは難しいかな…

  と思いましたが、自分の都合が合う時だけでもOKということで

  無理なく続けられていると思います。」

 

 

Q:お子さんを預かってみていかがでしたか?

 

A:「7~8名のお子さんを大人4~5人でお預かりする、という

  公民館での『お母さんたちの座談会』で活動しました。

    小さな子の面倒を見るのは久しぶりでしたが、

 他の提供会員さんと一緒に、だんだんと感覚を取り戻しながら面倒を見れたのは

 よかったですね。

 

Q:ファミサポの良いところはどんな点でしょうか?

 

A:「私は以前、学校教諭をしていたこともあり

   転勤で新たな土地に行った時、子どもを預けられる人を探すのに苦労したんです。

   当時の私のような人にはとても助かるサービスだと思いますね。

 

 

自分ができる範囲のペースで

地域の一員として子育てをサポートしていきたい、と語ってくれた田浦さん。

とてもやさしい笑顔が印象的でした。

 

 

 

現在「ファミサポ」の会員さんは、

市内の提供会員・依頼会員合わせて62(3/31現在)

お子さんを預かりたい人・預けたい人、会員さんを募集しています。

 

 

地域みんなで支えあう子育てサポートの輪に、ぜひ加わってみませんか?

 

お問い合わせ

HP更新
さいかい力創造部 政策企画課
電話:0959-37-0063
  • 10/21(日)開催「はつらつママさんバレーボールin西海」
    みかんの出荷スタート~JA長崎せいひ 小迎選果場
    食べてあそんで大満喫「第21弾さいかい丼フェア」