Saikaiブログ

音浴博物館 Music Selection ~ vol.1「こどもの日」特集

2017年5月3日

 

大瀬戸町雪浦地区にある雪浦ダムを抜け

どんどん山を登っていった森の中。

 

分校跡地に建つ、あたたかな雰囲気の木造の建物。

それが「音浴博物館」です。

 

 

 

 

レコード約16万枚を所蔵。

エジソン式蓄音機や年代物のスピーカー、今となっては大変貴重な音源など

音楽の歴史や素晴らしさに出会えるステキな場所です。

 

  

日本全国の音楽ファン、ミュージシャン、海外からの観光客の方も訪れる“音楽好きの聖地”といっても過言ではありません。

 

 

 

これから「Saikaiブログ」では、

「音浴博物館 Music Selection」シリーズと題しまして、

さまざまなテーマに沿った選曲で音浴博物館が所蔵するレコードを 

ご紹介していきます!

 

 

 

■訪れるたびに楽しさが広がる!音浴博物館の魅力

 

好きなアーティストやジャンルのレコードを自分で手に取り

自由に聴くことができる、というのが音浴博物館の魅力ですが・・・

 

「その曲には元となる原曲がある」

「今活躍するアーティストが大きな影響を受けた偉大なアーティスト」

「レコードジャケットに関するエピソード」

などなど…

 

手に取ったあなたも「知らなかった!」というような情報が

そのレコードに隠れていることも!!

 

 

音浴博物館所蔵、本物のジッパーがついているレコードジャケット(左)、

「西海橋ブルース」原曲と「内山田洋とクール・ファイブ」の「西海ブルース」(右)

 

 

そんなこれまで知られていなかった情報を、

「レコードのソムリエ♪」ともいえる音浴博物館スタッフの方たちからインタビュー!

 レコードを通して当時の時代を、今の時代を見つめていきたいと思います。

 

 

また、まだ訪れたことの無い方にとっては

16万枚ものレコードって…どんなアーティスト、ジャンルの音楽があるの?

というのが素朴な疑問ですよね。

 

そんなギモンにも、テーマに沿ったレコードのセレクトでお答えしていきます♪

 

 

 

 

第1回目のテーマは・・・「こどもの日」特集

 

 

 

 

「 “こども”といっても、

かつて“こども”だった方喜んでいただけるセレクトにしてみました♪」

と、今回選んでいただいたのは「音浴博物館」スタッフ 中村 昌彦さん。

 

 

 

 

 

■昭和40年前後、1965年頃のテレビアニメ主題歌をセレクト!!

 

 

 

 

「この時代といえば、

 現在放送されている朝の連続テレビ小説「ひよっこ」の舞台となっている時代ですね。

東京オリンピックの開催があったり、一部の家庭ではカラーテレビを見始めていた時代です。」

と、中村さん。

 

 

この時代、子ども向けのアニメ主題歌は、

レコードの中でも「ソノシート」というビニールでできたものが

多く使われていたそうです。

 

   

左がソノシート、右はシングル盤のレコード。 

 

「ソノシート」はフランスのメーカーが開発。

一般的なレコードに比べ薄く、ビニール製でちょっと頼りない…これで音楽が聴けるの?

という感じですが、ちゃんと主題歌を聴くことができました

 

 

 

アニメ主題歌のレコードは、そのアニメの絵本と一緒にセットで販売されていました。

 

 

当時280円~290円。

 

現代では子どものお小遣いでも買えそうな価値ですが、

現代の価値ではおよそ4,000円前後、今のCDアルバムくらいですね。

 

ちょっと頼りないソノシートですが、当時は高級品!

子どもたちにとっては宝物だったに違いありません。

(※1964年のサラリーマン月給が27,200円という基準で算出。「年次統計」サラリーマン月給推移)

 

 

  

 

「当時のテレビで観ていた時はどうしても音質が悪かったけど、

今改めてレコードで聴くと音質が抜群に良いんです!」

と、中村さん。

 

音浴博物館なら、世界遺産級といわれるステレオ・オーディオなど

聴くスピーカーも自由に選んで聴くことができるんです。

 

   

 

すばらしいサウンドで大好きだったアニメの主題歌を聴いたら…

一気に少年・少女時代へタイムスリップすること間違いなし!

  

他にも、映画の主題歌やサウンドトラックなど

さまざまな音源を所蔵しています。

 

音楽からいろんな時代のあなたにタイムスリップ!してみては?

 

 

**************       5月の展示     ***************

 

松尾 順造「ステンドグラス巡礼」写真展 5月末まで開催。

 

 

 

長崎県在住の写真家 松尾 順造氏の写真展です。

長崎県にある教会を撮影された写真41作品を展示しています。

教会を彩る美しいステンドグラスの世界をぜひご覧ください。

 

 

★写真展は、音浴博物館の入館料だけでご覧いただけます。

 

 

~入館料が割引に!お得情報♪~

 

長崎バイオパークと音浴博物館は、施設優待提携をしています。

バイオパークのチケットの半券か、年間パスポート「BIOPASS」を提示すると、

音浴博物館の入館料(高校生以上)510円⇒450円になります♪

 

また、音浴博物館の半券か、サポーター会員証を提示すると、

バイオパークの入園料が10%割引になります。

※チケットの半券は発効日当日または翌日のみ有効です。

 

(長崎バイオパーク 公式ブログComo esta!BIO PARKより)

 

 

 

「音浴博物館」

Face book:音浴博物館で検索

西海市大瀬戸町雪浦河通郷34280 TEL:0959-37-0222

開館時間:10時~18 休館日:月曜日(休日除く)

入館料:大人 510円、小中学生 250円、小学生未満 無料

 

お問い合わせ

HP更新
さいかい力創造部 情報観光課
電話:0959-37-0064
  • ハート型のトマトを探せ!「大島トマト狩り」~5月下旬
    5/2~5「第20回 雪浦ウィーク」
    「春の伊勢海老 水揚げまつり」4/11~