Saikaiブログ

7/2(日)開催「大瀬戸ペーロン大会」vol.2~瀬戸の練習に密着!

2017年6月27日

 

7/2() 瀬戸港で開催される「第54回 大瀬戸ペーロン大会」。

 

 

・昨年の大会の様子はこちら

→Saikaiブログ 継がれゆく、熱い想いと一体感~大瀬戸ペーロン大会 vol.1

        「熱い戦いの1日~大瀬戸ペーロン大会vol.2」  

 

 

 

各地区から出場する5チームは仕事後の夕方から海に集まり、

いよいよあと1週間を切った大会に向け、さらに腕に磨きをかけるべく

日夜練習に励んでいます。

 

この日、1番乗りで練習に励んでいたのは、昨年優勝のJ-POWERチーム。

 

 

■第54回 大瀬戸ペーロン大会

 

・日時:2017年 72() 9時~開会式

     950分~第1レース スタート(予定)

     13時05分~決勝レース スタート(予定)

 

・場所:瀬戸港(大瀬戸町瀬戸樫浦地区)

 

 

昨年、第2位の雪浦チームも気合を入れて練習に臨んでいました。

 

 

そこで今回は・・・

瀬戸チームの伴走船にお邪魔させていただき、練習の模様に密着取材!!

その模様をレポートします。

 

 

黄色いユニフォームが目印の瀬戸チーム。 

 

 

 

■ライバルは「全チーム」!「ヨーイ・サー!!」苦しい時こそ声を出す!!

 

 

 

昨年は惜しくも予選止まりとなってしまった瀬戸チーム。

メンバー1人ひとりが「今年こそ!」という思いを胸に、練習に臨みます。

 

 

 ん?!このモニターは?

ペーロン艇庫の前に置かれていたのが気になりました。

 

 

「これは、練習でペーロンを漕ぐ様子をビデオに撮って、

 練習後に確認するためのモニターなんです。」

と、瀬戸チーム監督の岩松さん。

 

練習風景の動画を撮影することで、

選手同士でフォームの改善点が共有されたり、

ペーロン船内で誰をどこに配置するのがベストか?

といったフォーメーションを考えるヒントにもしているそうです。

 

 

監督の岩松さんに今年の意気込みを伺ったところ…

 

「ライバルは他の全チームです!今年こそ、

決勝進出!5年ぶり5回目の優勝を目指して頑張ります!!」

 

という力強い言葉をいただきました。

 

 

この日はペーロン船の先頭に乗り込み、

選手のフォームやタイムを間近でチェックする岩松監督。

 

 

 

しだいに辺りが暗くなり、ウォーミングアップが終わると

本番を想定した全1,150mの往復練習がはじまりました。

 

 

 

1本を漕ぐのに約5分以上、全力を出し切って漕ぎきります。

 

 

途中、力が落ちかけた時こそ

「まだまだぁ~!!」とばかりにお腹から精一杯の声を出し、

メンバー同士が鼓舞し合う姿がとても印象的でした。

 

 

 

もう、本番さながら!!

見ているほうまで胸が熱くなります!

これが、大瀬戸ペーロンの醍醐味なんですね

 

 

 

■力だけでは勝てない!“団結力”と“一体感”こそ勝利の決め手。

 

 

 

瀬戸チームの練習を伴走船で横から見ていると・・・

一糸乱れぬ櫂の動きに驚きました!

 

 

ペーロン船は、

“団結力”と“一体感”こそ船を進める1番のポイント。

 

たとえ腕の強い力自慢が集まったとしても、

水上でバラバラな動きをしては抵抗にしかなりません。

 

いかに櫂の動きがそろっているか?

「大瀬戸ペーロン大会」でもココに注目できたら、

おのずと勝負の分かれ目が見えてくる・・・かもしれませんよ!

 

 

みんなでペーロン船を陸に上げ、水で海水を洗い流して練習は終了です。

お疲れ様でした!

 

 

大会まで残りわずか。

各地区選手のみなさん、本番も全力を出し切って頑張ってください!!

 

 

 

7/2(日)に行われる、第54回「大瀬戸ペーロン大会」。

男たちの“団結力”と“一体感”を間近で目にしながら、

会場での熱い声援をよろしくお願いいたします!

 

 

●大瀬戸ペーロン大会実行委員会

(事務局:大瀬戸ペーロン振興会) TEL:0959-33-9555

 

お問い合わせ

HP更新
さいかい力創造部 情報観光課
電話:0959-37-0064
  • 「地域おこし協力隊」新メンバー2名着任!
    1/21(日)開催「さいかいDEパパママまるしぇ」
    地域商社「西海クリエイティブカンパニー」