Saikaiブログ

「Go!Go!ともっち」と行く♪西海めぐりvol.2~こんにゃく作り体験

2017年6月29日

 

 

「音浴博物館」のある大瀬戸町から一路

「七ツ釜鍾乳洞」周辺の西海町中浦地区へ。

 

こちらでは、普段なかなか買う&食べることの出来ない

「こんにゃく」の手作り体験ができるんです!

(写真上のこんにゃくはお手本。

左上から時計回りに、青のり・七味とうがらし・ひじき・ゆず・黄ゆずこしょう)

 

 

■ぷるぷるの弾力とアレンジ自在のおいしさ!「手作りこんにゃく」

 

教えてくださるのは、

地元に住む「西海里山倶楽部」のお母さんたち。

 

  

 

この地域では、昔からどの家庭でも

原料となる「こんにゃく芋」を畑の端っこに植えて育てていたそう。

 

「特産品ではないけど、どの家でも昔はおばあちゃんが

  こんにゃくを手作りしていたんです。」

と語ってくれました。

 

 

今では珍しい!昔なつかしのカマドも活躍中。

 

 

Lets!こんにゃく作り スタート♪ 

 

秋冬以外のこんにゃく芋がない季節は、「こんにゃく粉」を使って作ります。

 

 

粉と水をきちんと計ったら、完全に溶けるように混ぜて…まぜて…

 

ドロリとするまで、混ぜまくります!

 

混ぜること数分。やっとドロリとしてきました。この状態で20~30分待ちます。

 

 

好きな具材を混ぜ込んだら…ここからが勝負どころ!とにかく混ぜまくります!!

熱を加える前のこんにゃくは、素手で触ると非常にかゆくなる場合があるので手袋をはめて。

 

 

バットにきれいに詰めたら、ここでまた30分ほどひと休み。

左から、「黄ゆずこしょう」・「青のり」・「ひじき」の3つを混ぜ込んで作りました。

 

仕上げは30分じっくり・コトコト、こんにゃくを茹で上げて・・・

いよいよ完成!

 

 

この日は、

「西海里山倶楽部」代表の上野さんが料理の腕をふるってくださり

「蒟蒻アラカルト」を5品も作ってくださいました!!

 

 

 左上から時計回りに・・・

(1)中華サラダ風…ごま油・醬油ベースの味付けに香菜をトッピング。

 

(2)カルパッチョ風…オリーブオイルとトマトがイタリアンなお味。

 

(3)ヨーグルトサラダ風…さっぱり&スイーツのようなお味。果物との相性も意外に合うんです!

 

(4)田楽風…味噌・しょうが・みりんといった昔ながらの田楽みそ。おつまみにも!

 

プラス、きなこ+三温糖をかけた5品。

 

 

こんにゃくがこんなにもアレンジ自在な食材だったとは・・・

恐るべきヘルシー食材です!!

 

 

ぷるぷる・ちょっとシャキシャキとしたなんとも言えない新食感 

試食にいろんな味のバリエーションを用意してもらったのもあり、

パクパク食が進んで、あっという間にお腹いっぱい・・・

 

だけど・・・

こんにゃく=ヘルシーなので

カロリーが気になるあなたも(筆者も)安心です♪

 

 

 

自分で作ったこんにゃくはお土産に♪

ご家庭にある調味料ならわさび醬油、からし醬油などでもおいしいですよ。

 

 

市販のこんにゃくは“独特の臭み”があって、

アク抜きをしてからでないと食べられませんよね。。

    

 でも!手作りこんにゃくはクセがない!!                                              

茹で上がったこんにゃくは、冷やしてから水洗いするだけで食べられます。

 

 

子どもから大人まで、

みんなで作って・食べて楽しめる「こんにゃく作り体験」。

それぞれ好きな具材で自分だけのこんにゃくを作ってみませんか?

 

 

 

●「こんにゃく手作り体験」(体験時間:約120)

 

 問い合わせ先:七ツ釜鍾乳洞 TEL0959-33-2303 HPは→こちら

 1名:1,500(エプロン・三角巾レンタル、こんにゃくのお土産付)

 410名にて体験可能(応相談)  

 

お問い合わせ

HP更新
さいかい力創造部 情報観光課
電話:0959-37-0064
  • 「大瀬戸ふれあいプール」今年のスケジュールもお知らせ中♪
    【7/21(土)開催】西海魚まつりin大瀬戸町漁協
    参加募集!8/4(土)さいかい元気村のビートルキャンプ2018