Saikaiブログ

草食恐竜・歯の化石を発見★西海市が化石の「新産地」に!

2017年8月11日

 

すでにテレビのニュースや新聞などで観た!

という方もいらっしゃるかと思いますが・・・

  

西海市内で、な!なんと!!

 

恐竜化石が発見されたことを発表しました!!

●詳細は西海市HP→こちら 

 

 

 

発見されたのは、

草食恐竜 ハドロサウルス上科(じょうか)の歯の化石。

恐竜化石の発見は、長崎県内では長崎市に続き2例目です。

 

       

 

 

 

写真(上)は、今回発見された化石より少し前にいたとされる、ハドロサウルス上科の恐竜

「プロバクトロサウルス」。(画像提供:月本佳代美氏)

 

 

今後、以下の日程で市内での公開展示が決定しています!!

もちろん♪観覧は無料ですよ★ 

 

場所 日程 時間
西海市役所 8月8日(火)~8月14日(月) 午前9時~午後5時  土・日・祝日も公開
(大瀬戸町瀬戸樫浦郷2222番)
西海市崎戸歴史民俗資料館 8月15日(火)~8月30日(水) 午前9時~午後5時
月曜休館
(崎戸町蠣浦郷1224番地5)

 

★「崎戸歴史民俗資料館」では、8月31日(木)~10月20日(金)の間、複製を常設展示予定です。

 

 

現在、西海市役所の正面玄関付近で展示中です。

ぜひ、間近でご覧ください。

 

 

 

これまで日本で発見された化石は、今回の歯の化石よりも進化した

「ハドロサウルス科」の恐竜が多くありました。

 

これまで出た化石よりも原始的な種類である今回の「歯の化石」は、

「ハドロサウルス上科」→「ハドロサウルス科」への進化をたどる上で

重要な種類といえるのです。

 

 

また、世界的にみると「ハドロサウルス上科」の恐竜は、

これまで中国やモンゴル、北米、ヨーロッパなど

主に大陸内部から発見されていました。

 

国内からも発見されたことは、

今後「鳥脚類」の進化を知る上で、日本が重要なスポットとして

世界からも注目される可能性があるのです。

 

 

   

化石のクリーニング作業のほか、捕鯨や炭鉱の歴史も学べる「崎戸歴史民俗資料館」 

 

 

海獣化石に続き、恐竜の化石も見つかった西海市。

ますます、その歴史の奥深さ・貴重さから目が離せませんね

 

化石の公開展示は、夏休み中のお子さんはもちろん!

大人の方もぜひご覧ください。

 

お問い合わせ

HP更新
西海市教育委員会 社会教育課
電話:0959-37-0079
  • 仮装して遊びにこんね!10/29(日)開催「2017さいかいハロウィン」
    「さいかい丼」に1票を!ながさき県民オススメ!グルメセレクション
    歩いてめぐる崎戸・大島・西海~10/21(土) JR九州ウォーキング開催