Saikaiブログ

音浴博物館Music Selection~vol.4今は亡き偉大なミュージシャン

2017年8月18日

 

 

 

8月のこの時期といえば・・・

 

お盆休みでふるさとに帰省をしたり、ご先祖様にお参りをしたり。

先人に想いを馳せる機会が多くなる季節ですね。

みなさんは、どんなお盆休みを過ごされましたか?

 

 

今回の「音浴博物館 Music Selection」では、

 

 

昨年から今年にかけ惜しまれつつ亡くなった

偉大なミュージシャンや作詞・作曲の音楽家たち にスポットを当て

ご紹介していきます。

 

 

 

■今は亡き、音楽の一時代を築いたアーティストたち

 

 

 

現在、音浴博物館では、

この1年間で天国へ旅立った国内外アーティストたちのレコードを展示中です。

 

 

自らも歌手として活躍し、数多くのヒット曲を世に出した

作曲家 平尾 昌晃さん。

 

矢沢永吉さんや岩崎宏美さんから、子供向けヒーロー番組や教育番組の楽曲まで、

幅広いジャンルに詞を提供した作詞家 山川 啓介さん。

 

 

「ロックンロール創始者の1人」、「伝説のギタリスト」といわれ、

あのビートルズやローリング・ストーンズなど多くのミュージシャンに

影響を与えた歌手 チャック・ベリーさん。

 

 

 

若い世代の方にとっては、名前は知らなくとも

曲を聴けばピン!とくるアーティストや、どこか今の音楽に通じる

素晴らしさや懐かしさとの出会いがあるかもしれません。

 

もちろん、この展示中のレコードも手に取り

試聴することができますので、ぜひじっくりと聴いてみてはいかがでしょうか?

 

 

 

■没後40年、伝説のスーパースターエルヴィス・プレスリー

 

 

1977816日にプレスリーが亡くなってから40年。

 

音浴博物館では、大のプレスリー・ファンの方から寄贈された

たくさんのレコードを所蔵しています。

(※現在、レコードの寄贈は受け付けておりません。)

 

  

プレスリーのレコードも展示予定です。

 

音浴博物館のホールには、プレスリーがレコーディングで

チェック用に使っていたものと同型の貴重なスピーカーも所蔵しています。

 

当時のプレスリー気分で、温かみのある音質を楽しんでみませんか?

 

 

 

■今ブーム再燃の「ラジカセ」もあります!

 

アナログレコードの良さが見直されている昨今、

カセットテープやラジカセで音楽を聴くことの良さも、

改めて見直されているそうですね。

 

もちろん、音浴博物館にはラジカセもありますよ!

 

 

 

ガチャッというボタンの音、ちょっとこもったレトロな音質、

聴き終ったら巻き戻したり、A面・B面を裏返したり・・・

 

今のデジタルな音楽の聴き方に反し、決して便利とはいえない

 「ちょっと世話の焼けるところ」が、カセットの良いところなのでは?

と音浴博物館スタッフ・中村さん(下写真右)。

 

  

 

カセットで好きな曲を録音して、自分オリジナルのテープを作ったなぁ~

という方も多いはず。

昭和生まれの人にとっては思い出がたくさん詰まったモノであり、

現代っ子には味のある外観や音質が魅力なんですね

 

カセットテープの所蔵数は、レコードに比べ少ないですが

もしお手持ちのテープを聴いてみたい!という方がいらっしゃれば

ぜひ音浴博物館までお持ちください。

 

 

 

訪れたのは暑さ真っ盛り!の8月初旬。

でも、標高約400mの山中にある音浴博物館の周りは、

下界に比べるとヒンヤリとした心地よい風が吹いていましたよ。

 

近隣にはおすすめの涼スポット「つがね落としの滝」も。

夏のドライブにぜひおいでくださいね♪

 

 

「音浴博物館」

Face book:音浴博物館で検索♪

西海市大瀬戸町雪浦河通郷34280 TEL:0959-37-0222

開館時間:10時~18 休館日:月曜日(休日除く)

入館料:大人 510円、小中学生 250円、小学生未満 無料 

 

お問い合わせ

HP更新
さいかい力創造部 情報観光課
電話:0959-37-0064
  • 創業100周年「お菓子のいわした」vol.1
    「地域おこし協力隊」新メンバー2名着任!
    地域商社「西海クリエイティブカンパニー」