Saikaiブログ

今年もスタート!西海町特産「ゆでぼし大根」作り

2017年12月19日

 

 

いよいよ年末目前。

吹きつける冷た~い風に、つい憂うつになってしまいますが…

 

このキーンと冷たい風こそ、ありがたい「大根風」!

 

 

冬ならではの“西高東低の気圧配置”で、強い風が吹く日を「大根日和」「大根風」と地元では呼ばれています。

 

ぎゅっ!と旨み&甘みが詰まった「ゆでぼし大根」作りには

欠かせない天候なのです。 

 

 

西海市の北西に位置する西海町面高(おもだか)地区では、

毎年11月末ごろから特産品の「ゆでぼし大根」作りがスタート

 

 

 

「切り干し大根」とは違い、

“茹でて→干す”という製法が「ゆでぼし大根」の大きな特徴。

西海町では昔から作り続けられている伝統的な保存食品です。

 

 

まちには早朝からモウモウとした白い湯気が立ち込めます。

 

 

大根の表面にある「ひげ根」や「傷」を取り除きながら皮を剥き、スライサーでカット。

 

 

まるで「湯船」のような大きな釜でよく混ぜながらゆがきます。

 

 

 

茹で上がった大根は、断崖絶壁にある干し場へ直行!

海から吹き付けるで冷た~い風に当て、カラッカラになるまで一昼夜干します。

 

 

 

 

 

■良いおダシにもなる、旨み&甘みたっぷり♪

 

茹でて干す工程を経た「ゆでぼし大根」は、

大根本来の旨みと甘みがぎゅ~っと凝縮。

食感もやわらかく、調味料などの味もしみ込みやすいんです。

  

  

定番はやっぱり「ゆでぼし大根の煮物」(左) 寒い冬におすすめ!「ゆでぼし大根入りの豚汁」(右)

 

干した大根の戻し汁は、

昔から精進料理の出汁として使われるほど旨みが豊富♪

大根のやさしい甘さも加わって、いつものお料理がさらにおいしさUPします 

 

 

 

■おいしいだけじゃない!栄養もばっちり

 

「茹でる」という手間をかけ、

さらにビュービュー吹く冷たい潮風にさらされている分

生の大根と比べた栄養価はケタ違い!!

 

●マグネシウム 約10倍!   ●カルシウム 約12倍! 

●リン 約17倍!       ●食物繊維 約20倍!!

 

ミネラル&食物繊維がた~っぷり含まれているんですね。 

 

 

ゆでぼし大根専用の品種「大栄大蔵(だいえいおおくら)大根」大人の脚くらい太い!

 

さらに!

カピカピに干されて縮んだ「ゆでぼし大根」は 

50100gで、なんと生の大根1kgにも相当します!!

 

ちょっと食事に取り入れるだけで手軽に栄養UPできちゃう、

まさにスグレものなんです。

 

 

西海町面高地区の生産者「ゆでぼし大根部会」の方たちは、

平成29年度の「県民表彰」を受賞

 

 

県内外に向けた消費・宣伝活動により、知名度アップに貢献した功績がたたえられました。

(写真はJA長崎せいひ西海支店 ゆでぼし大根担当・田崎さん)

 

 

今や九州内にとどまらず、全国からも注目されている「ゆでぼし大根」。

おいしい&栄養満点な食材として、毎日の食卓へ取り入れてみませんか!

 

 

 

★「ふるさと西海応援寄附金」の返礼品としてもお選びいただけます。 

   

 

●市内販売店舗:長崎西彼農協グリーンセンター 

西海市西彼町小迎郷2819-1  TEL:0959-29-7090  ほか

 

●JA長崎せいひ 西海支店 

西海市西海町木場郷1612-1   TEL:0959-32-1211

 

お問い合わせ

HP更新
情報観光課
電話:0959-37-0064
  • 「大瀬戸ふれあいプール」今年のスケジュールもお知らせ中♪
    【7/21(土)開催】西海魚まつりin大瀬戸町漁協
    参加募集!8/4(土)さいかい元気村のビートルキャンプ2018