Saikaiブログ

「地域おこし協力隊」新メンバー2名着任!~Vol.2渡辺 朝子さん

2018年1月17日

 

 

今月4日より、西海市に「地域おこし協力隊」として着任した

2名の隊員をご紹介!

 

 

Vol.1:西海町中浦地区 橋本ゆうきさん(写真左)の記事は→こちら

 

 

 

 

 

■vol.2 : 大瀬戸町 雪浦地区 渡辺 朝子(ともこ)さん (大分県出身) 【写真左】 

 

 

海山に囲まれ、ゆったりと流れる雪浦川。 

大瀬戸町雪浦地区は、伝統行事や昔ながらの暮らしが残る、穏やかな里山です。 

 

 

 

 

毎年5月に開催される「雪浦ウィーク」は、県内外から多くの人が訪れる

地元の人々による温かなおもてなしが人気のイベント。

 

 

●過去の「雪浦ウィーク」に関するブログ記事は→こちら 

 

 

この地に着任した渡辺さんの主な業務は、

今年の春オープンが予定されているゲストハウスの運営、

そのほかイベントや滞在・体験メニューの企画運営です。

 

渡辺さんはこれまで、

青年海外協力隊員として2年間のボランティア活動、

岩手県では6年間、東日本大震災の復興支援に携わってきました。

 

 

 

――どちらの国で活動されていたのですか?

 

「西アフリカにあるガーナ共和国です。

  村落開発普及員として、井戸の設置や現地の人たちへの衛生面指導、

  事務手続きなどに携わっていました。

  ガーナの公用語は英語で、最初はまったく分からない中、

  最終的には日常会話に困らないレベルにまでになりました。」

 

――岩手県での復興支援活動は?

 

「復興庁からの派遣を受け、釜石市役所で臨時職員として

  勤務していました。

  仮設住宅の入居申請など、地元の方たちの暮らし再建に関わる

  仕事をしていました。」

 

 

 

雪浦の地域情報サイト「ゆきのうら.net http://www.yukinoura.net/

 

 

今までは、現地に暮らす人たちのより良い暮らし、生活をサポートする

という活動を続けてきた渡辺さん。

 

これからは、雪浦へ訪れる人々を受け入れ、おもてなしをする側

としての活動がスタートします。

 

画像提供:AC

 

「ゲストハウスと聞いて『おもしろそう!やってみたい!!』と、

とてもワクワクしました。」

という渡辺さん。

 

「ゲストハウス」とは旅行者の方向けの宿泊施設。

雪浦にある空き家を改築し、宿泊施設+地元の人々が集う

カフェスペースとして生まれ変わらせるプロジェクトが進行しています。

詳しくはこちら→http://www.yukinoura.net/topics/2481/

 

渡辺さんは青年海外協力隊での英語スキルを活かし、

国内のみならず海外からのお客様にも“居心地の良い空間を提供したい”

という思いを語ってくれました。

 

 

サーフィンスポットとしても人気の雪浦「うしろの浜」

 

――雪浦のおすすめスポットは?

 

「『うしろの浜』です。

静かで穏やかな海辺を、朝の時間にお散歩するのがとっても気持ち良くて

おすすめです。

徒歩で海辺まで行ける場所に住めることが楽しみ♪」

 

 

今年で開催20回目を迎える「雪浦ウィーク」。

 

 

これまでは遠方から日帰りで来ていたお客様も、

ゲストハウスに宿泊することで、ゆったり1日を過ごすことができます♪

 

今年のゴールデンウィークは、ぜひ!

雪浦のまちあるき・散策に♪地域おこし協力隊・渡辺さんに会いに、

「雪浦ウィーク」へ足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

お問い合わせ

HP更新
政策企画課
電話:0959-37-0063
  • 市内9ヶ所で開催!!2018 さいかい夏祭りナビ
    【参加募集】8/12(日)西海市少年相撲教室
    夏を乗り切る!西海グルメ♪~入口屋&アイスクリームShop木場