Saikaiブログ

1億円の重みを体感!~西海小学校6年生「租税教室」

2018年2月2日

 

 

 

 

◆どうして税金を納める必要があるの?

 

◆納めた税金は何に使われているの?

 

子どもたちに税金の役割や仕組みについて知ってもらおう!と、

西海市役所 税務課では毎年小中学生を対象に

「租税教室」を開催しています。

 

 

 

今年は市内の小中学校併せて6校で開催。

1月下旬に開催された西海小学校6年生の授業にお邪魔しました。

 

  

 

 

 

■“税金がある世界” と “ない世界”、どちらが暮らしやすい?

 

 

働いている大人だけでなく、子どもたちにとっても

“おこづかいで買うお菓子にかかる消費税”など、税金は身近な存在ですよね。

 

けれど、自分が支払った税金は

一体どこでどのように使われているのか?

 

“税金がある世界とない世界”が登場するアニメを

6年生のみなさんで観賞しました。

 

  

 

アニメを観ながら気づいた点をメモ、観賞後にそれぞれ手を挙げて発表しました。

 

 

税金の無い世界では・・・ 

 

・道路にゴミが放置されたまま!

・警察や消防車を呼ぶのにサービス料が必要になる!

・小中学生の義務教育にかかる費用は各家庭が負担!

 

ささいな場面、緊急事態すべてにサービス料がかかるという

“とても不便な世界”が描かれていました。

 

普段当たり前に受けているサービスや公共の仕事が、

  すべて税金でまかなわれていること。

 

私たちの暮らしは税金によって支えられていること。

 

子どもたちはアニメのストーリーからこの2つのことを実感し、学びました。

 

 

 

1億円を持って重さを体感してみよう!

 

 西海市の予算が1年間に約321億円(平成29年度)と聞いても、

一体どのくらいのお金なのか・・・

大人でもなかなかピンとくる金額ではありませんね。

 

と、いうことで!

6年生のみなさんにドドーンと!1億円を持ち上げてもらいました。

(※もちろんレプリカです。)

 

 

 

「お!重い!!」

 

  

 

1人ひとりに手渡され、その重みを実感。

ちなみに、1億円は約10kgもあるそうです!

 

 

今回の授業を受けた子どもたちからは・・・

 

・信号機の明かりも税金でまかなわれている、ということに驚いた。

・小学生1人ひとりの学費に税金が使われていることを初めて知った!

・消費税アップが他人事ではなく思えた。

 

など、「税」をより身近に感じられたという感想が寄せられていました。

 

お問い合わせ

HP更新
税務課
電話:0959-37-0062
  • 2/25・3/4開催♪西海市×VILLAS福岡スペシャルイベント
    参加募集3/4(日)「第13回さいかいシティウォーク」
    2/25(日)「長崎移住相談会」in東京