Saikaiブログ

想いを込めサクラ植樹~関東西海市会発足10周年記念

2018年2月7日

 

 

 

 

西海市出身・関東在住の方からなる「関東西海市会」。

 

発足から10周年を記念し、ふるさとの西海市で

サクラ50本の記念植樹が行われました。

 

 

 

 

■「関東西海市会 発足10周年 記念大植樹祭」

 

参加したのは、市民ボランティア41組。

150名を越える方々が大島大橋公園に集まりました。

 

  

 

今回企画したのは、同会の「ふるさと植樹実行委員会」メンバー。

実行委員長の中場 義則さんは大瀬戸町のご出身です。

 

  

 

「昨年6月の帰省で杉澤市長に企画内容をご説明し、約半年間の準備を経て

 ようやく実現しました。

 『大島大橋公園』は西海市の中で大好きな場所のひとつ。

 たくさんの人が足を運んで、にぎやかにお花見をしてもらえたらうれしいです。」

 

 

 

集まった市民のみなさんは、

小学校の卒業記念、ご夫婦の金婚式、還暦のお祝いなど

それぞれ想いを込めて植樹。

 

  

 

中でも、1番最初に申込みをされた久保さん(写真下、左から3番目)

「近年Uターンで大島町に戻ってきました。

  これからふるさとを盛り上げたい!という想いで植樹に参加しました。」

 と語ってくれました。

 

 

 

 

植えられたサクラは、

ソメイヨシノに比べ早咲きの「河津(カワヅ)桜」と「陽光桜」、

遅咲きな八重桜の一種「普賢象(フゲンゾウ)桜」の3品種。

 

 

画像提供:AC 

 

みなさんの植えたサクラが大島大橋公園をピンク色に彩る、

春が待ち遠しい!ですね♪ 

 

 

この日も寒さがとっても厳しく、植樹が終わる頃には一時雨も・・・

 

 

実行委員会のみなさんが用意してくれた

あったか~い豚汁をいただいて、お腹の中から温まりました♪

ご参加いただいたみなさん、おつかれさまでした!

 

お問い合わせ

HP更新
政策企画課
電話:0959-37-0063
  • 10/21(日)開催「はつらつママさんバレーボールin西海」
    みかんの出荷スタート~JA長崎せいひ 小迎選果場
    食べてあそんで大満喫「第21弾さいかい丼フェア」