Saikaiブログ

ミス・ユニバース・ジャパン長崎 池田愛実さんvol.2「美のひみつ」

2018年3月17日

 

319日、東京で行われる

「ミス・ユニバース・ジャパン日本大会」へ出場する

西海町出身の長崎県代表 池田 愛実(まなみ)さん。

 

 

 

 

いったい…どうしてそんなにキレイなんですか?!

世の女性ならミス・ユニバースの「美しさのひみつ」は

とっても気になりますよね!

 

今回は、内面からも輝きを放つ

池田さんの“オーラのひみつ”についてインタビュー!

食・運動・心など、気になるポイントをいろいろと伺いました。

 

vol.1杉澤市長への表敬訪問の様子は→こちら

 

 

 

■「目標は口に出して伝える!」長崎代表となり変わった自分

 

 

1月下旬に「ミス・ユニバース・ジャパン長崎大会」で

見事ファイナリストの頂点に立った池田さん。

 

これまでの2ヶ月、ダンスやウォーキング、メイクなど

日々レッスンと準備を重ねてきました。

 

――長崎県代表となり、「自分が変わった」と感じるところは?

 

「日本代表だけでなく世界大会へと意識が変わった!と感じます。

  様々な方にお会いして応援をもらうことで、

『日本代表になります!』という明確な目標を口にするようになりました。

 

多くの日本人は海外の人たちに比べ「目標を内に秘めがち」である、

という池田さん。

 

日本代表、その先の世界大会を意識した時、

応援してくれるまわりの人たちに約束をするような気持ちで

「ミス・ユニバースとして世界の舞台に立つ!」と

夢を語れるようになった、と話してくれました。

 

 

池田さんの5年後の夢は、ニューヨークで活躍する文化人として

貧しい子どもたちのための慈善活動に励むこと。(画像提供:AC)

 

◎内面の美しさポイント1:

明確な目標を向かって自分を高める姿勢、芯のある志し

 

 

 

■誰しも気になる「食と運動」

 

 

画像提供:AC

 

――さぞかしスタイルをキープするためには、食べ物も

 いろいろ制限しているのでは?

 

「実は、食事制限はしていません。

 

――えぇ??

 

「世界大会に出場する女性たちは、

 細いだけでなく適度な筋肉がついた“迫力ある美しさ”があります。

  私も15分でも丁寧な筋トレをしたり、時にはプロテインも

  飲んでいます。」

 

なるほど。。

池田さんは大学時代、独学で栄養学を学び資格を取得。

タンパク質を中心とした食生活を心がけているそうです。

 

西彼総合体育館のトレーニングルームにも週1・2回通っていたとか!

バレエやダンスレッスンで鍛えた体幹力が、美しい姿勢やウォーキングに

反映されるそうですよ。見習いたいですね・・・

 

◎内面の美しさポイント2:

細いだけじゃない!適度な筋力が内面の強さも演出

 

 

 

■目標とするミス・ユニバース像とは?

 

画像提供:AC

 

2006年の日本代表から、世界大会で総合2位になった

  知花くららさんです。

  大会後の慈善活動で、世界的に活躍された所に共感しています。

  知的さ、透明感、日本人らしい奥ゆかしさもありながら

  大胆な魅力もあります。」

 

◎内面の美しさポイント3:

思いやりの心、自分の考えをしっかりと持っていること

 

 

 

1つひとつの質問を真摯に答えてくれた池田さん。

見習いたい、輝きオーラポイントがたくさんありました

 

最大の武器はこの笑顔!

 

 

 

目標を持ち、日々自分を磨く姿勢にたくさんの元気をもらいました。

池田さんの今後の活躍を西海市、長崎県のみんなで応援していきましょう!

 

 

●池田愛実さんの活動は

Facebook「ミス・ユニバース・ジャパン長崎大会」を検索♪

 

お問い合わせ

HP更新
政策企画課
電話:0959-37-0063
  • 「ばりぐっど」で10月スタート!「さいかい丼」食べ歩き
    音浴博物館Music Selection~vol.14「September」Song
    めぐりあいセミナー【募集】9/30(日)「さいかいみらいカフェ」