Saikaiブログ

6/2(土)一般公開「邦久庵」~建築家が愛した自然と共生する家

2018年5月21日

 

 

 

穏やかな波が打ち寄せる大村湾沿い。

西彼町にある「琵琶の首鼻」と呼ばれる小さな岬に建つ

「邦久庵(ほうきゅうあん)をご存知でしょうか?

  

昭和の高度経済成長期、日本初の超高層ビル「霞ヶ関ビル」や

「京王プラザホテル」など数々の高層建築の設計に携わった

建築家 池田 武邦氏の邸宅です。

 

 

 

池田氏77歳の時、2001年に完成。

奥様の久子さんとお2人で暮らしていましたが、池田氏の体調を気遣う

ご子息の説得により、2009年から東京へ戻り暮らしています。

 

現在この建物を管理・運営しているのは「一般社団法人 邦久庵倶楽部」。

池田氏にゆかりの深い方たちによるボランティア団体が主体となり

2016年に設立されました。

 

 

普段は自由に立ち入ることができませんが、

来月2日、一般公開のイベントが行われます。

 

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆   邦久庵 初夏の一般公開  ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

 

 

 

●日時:2018  6 2日(土) **事前予約制**

 [1] 14時~の回 [2] 1530分~の回 [3] 17時~の回

 各回定員20名様

 

●お1人様 1,500 (建物の維持など活動支援費として)

 

・詳細はこちら→https://www.hokyuann.com/180602

 

昨年の秋以来、約半年ぶりとなる一般公開です。

邦久庵倶楽部の方による建物の案内、コーヒーのおもてなしがあります。

 

◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆ ◆

 

 

日本の名だたる高層ビルを設計し、長崎ではハウステンボスや

オランダ村の設計も手掛けた池田氏が「終の住処」として築いた邸宅。

 

どんなステキな場所なのでしょう・・・とっても気になります!

 

一般公開を前に、

今回特別ひと足お先に「邦久庵」へお邪魔しました。

 

 

案内してくれたのは、邦久庵倶楽部の一員である直売所「竹の家」(西彼町)の松尾 邦弘さん。(右) 

松尾さんは、池田氏が邦久庵で暮らしている頃から“家族ぐるみ”のお付き合いをしていたそうです。

 

 

 

■茅葺屋根・九州産材を使った“地産地消”の自然に還る家

 

 

茅葺屋根の屋根裏。月に1~2回は囲炉裏を焚き、防虫のため煙でいぶしているそうです。 

 

――東京で建築家として活躍した池田氏が、なぜ西海市にご自宅を建てたのでしょうか?

 

 

↑写真は邦久庵にあった資料より

 

「太平洋戦争時、海軍士官として従事していた池田先生は重症を負い、

  療養で過ごしたのが佐世保市針尾にあった海軍病院だったそうです。

  そこで見た大村湾の美しい景色に心打たれ、

 『平和な時代が来たらこんな場所に住みたい』という思いを

 抱いたそうなんです。 

 

リビングから大村湾の上に続くデッキ 

 

経済成長まっしぐらの都会で働き・暮らす中、

環境の一部である人間として、自然からかけ離れた場所で生きることに

違和感を抱いた池田氏。

 

社会全体でも環境問題が取り立たされる中、設計思考を180度転換し

80年代は自然の地理や地形を活かした設計に取り組みました。

そこで携わったのが長崎オランダ村やハウステンボスです。

 

「邦久庵」は、自然・建物・人の暮らしの関係を見つめ直し

たどり着いた結果つくり上げられた「共生」の家。

九州産材木や茅葺きといった自然の素材を用い、日本の伝統工法にのっとった

心地よいやすらぎの空間なのです。

 

 

 

■自然の豊かさに気づかせてくれた「邦久庵」を守りたい

 

 

リビングにある囲炉裏。池田氏と交友のあるゲストを招いたサロントークなどが開催されています。 

 

管理・運営を行っている「邦久庵倶楽部」のみなさんは現在6名。

中でも、地元の住むお世話役として活動しているのが竹の家・松尾さんです。

 

 

 

「日常ではつい、“暮らしを楽しむ心”を忘れてしまいがちでした。

  でも池田先生は、大村湾でカヤックに乗ったり、自然の中で食事をとったり…

   少しの工夫でここにある自然を存分に満喫できる、そんな生き方を

  池田先生からは教えてもらった気がします。

 

一般公開の前には、地域の方たちも一緒になり

掃除や草刈などを行って、おもてなしの準備をしているそうです。

 

建築物としての価値はもちろん、

西彼町での暮らしの素晴らしさを発信する役割も

「邦久庵」には期待できますね。

 

ぜひ6/2(土)の一般公開に足を運んで、西海市の自然に寄り添う

「邦久庵」でのひとときを過ごしてみませんか?

 

 

●一般社団法人 邦久庵倶楽部

 HP: https://www.hokyuann.com

 

お問い合わせ

HP更新
商工観光物産課
電話:0959-37-0064
  • 動物の赤ちゃんに会いにいこう♪長崎バイオパーク
    絶景!さいかい展望台めぐりの旅~vol.3西海町編
    「史跡めぐりツアー」vol.2~大島・崎戸