Saikaiブログ

“読書の秋”においでよ♪10/27(土)第8回西海市 図書館まつり

2018年10月16日

 

 

イメージ画:AC

 

日もだんだんと短くなり

温かい飲み物でも用意して、お家でゆっくり読書タイム♪

なんていかがでしょうか?

 

ということで、今回の「Saikaiブログ」は、“読書の秋”特集!

小さなお子さんがいるご家族に毎年人気の「西海市図書館まつり」

西海市内の図書館で人気の書籍、2018年上半期 貸し出しランキング

をご紹介します。

 

 

■今年は西彼で開催!「西海市 図書館まつり」

 

  

 

●日時:20181027日(土)1330分~1530

●場所:西彼教育文化センター

H30図書館まつりチラシ.pdf(308KB)

 

 

大串交差点近くにある交番横の道から入ってください。駐車場あり。

 

 

人形劇、読み語り、朗読劇など、

かわいくて楽しい「絵本の世界」が動き出す!年に1度のお祭りです。

 

 

 

お子さんや親子の方はもちろん、大人の方も大歓迎♪

ぜひみんなで足を運んでステキな秋のひとときをお過ごしください。

 

 

 

 

 

■発表!2018年上半期 西海市立図書館 貸し出しランキング

 

  

 

大人向けの「一般書部門」子ども向けの「児童書部門」に分け、

上位4位まで市民の方々に人気の書籍を発表です!

 

<一般書 部門>

1位:かがみの孤城/辻村深月     ポプラ社
2位:ラプラスの魔女/東野圭吾    KADOKAWA
3位:屍人荘の殺人/今村昌弘     東京創元社
4位:マスカレード・ナイト/東野圭吾 集英社
4位:キラキラ共和国/小川糸     幻冬社
4位:悪徳の輪舞曲(ロンド)/中山七里 講談社


1位の辻村深月 著「かがみの孤城」は、

15回「2018年本屋大賞」大賞を受賞した作品。

 

学校で居場所をなくした主人公が、鏡の中の世界で出会う

自分と似た境遇の7人とともに広がるストーリーです。

埼玉県では、昨年に“高校図書館司書が高校生にすすめたい本1位”

にも選ばれました。

 

2位の東野圭吾 著「ラプラスの魔女」は、

櫻井翔さん・広瀬すずさん主演で今年春に映画化もされた作品です。

人気作家・東野圭吾さんのデビュー30年目の傑作!空想科学ミステリ。

 

3位の今村昌弘 著「屍人荘の殺人(しじんそうのさつじん)

デビュー作にしてミステリ界における賞3冠に輝いた

前代未聞と話題の作品です。

ページをめくる手がとまらない!ミステリ好きにはおすすめの1冊。

 

 

イメージ画:AC 

 

<児童書 部門>

1位:おしりたんてい ププッおしりたんていがふたりいる!?/トロル/さく・え
2位:おしりたんてい いせきからのSOS
/トロル/さく・え
3位:オリンピックのおばけずかん 
/斉藤洋/作
4位:びょういんのおばけずかん 
/斉藤洋/作
4位:みんなのおばけずかん 
/斉藤洋/作
4位:おしりたんてい あやういたんていじむしょ
/トロル/さく
4位:のらねこぐんだんアイスのくに /工藤ノリコ/著

テレビアニメも人気の「おしりたんてい」が独占!

「フームにおいますね」が決めゼリフ、紳士・おしりたんていの

名推理がさまざまな事件を解決。

 

「おばけずかん」シリーズは、“こわいけど、おもしろい”感覚が

子どもたちをトリコにしているようですね。

 

「ノラネコぐんだん」もシリーズでいろんなお話が出版されています。

8匹のノラネコたちが今日もなにかを企んでひと騒動。

大人もおもわずクスっと笑ってしまう、ゆるいネコたちに癒されます。

 

 

お近くの図書館・図書室にない本は、

西海市内の図書館から取り寄せることができます。

ランキングを参考に、ぜひ“本の世界”で楽しんでみませんか?

 

お問い合わせ

HP更新
社会教育課
電話:0959-37-0079
  • 【募集】11/18(日)めぐりあいイベントin秋の「長崎バイオパーク」
    新アイテム登場!「ふるさと西海応援寄附金」返礼品ガイド
    西海市も出展!11/17(土)~18(日) 島の祭典「アイランダー2018」