Saikaiブログ

風景印さんぽin西海市 vol.3 ~ 七釜・松島

2019年3月5日

 

 

 

西海市にある郵便局12局のうち

8局にあるオリジナルの消印=風景印を訪ね歩く

「風景印さんぽin西海市」シリーズ。

 

Vol.2までに4つのステキな風景印があつまりました♪

 

 

vol.1 雪浦郵便局・大瀬戸郵便局→こちら

 

vol.2 大串郵便局・亀岳郵便局→こちら

 

 

今回はどんな“西海市の魅力・特長”が描かれているのでしょうか?

2つの郵便局にお邪魔してきましたよ。

 

 

「風景印さんぽin西海市」では・・・

●身近だけれど意外に知られていない ●わがまちのシンボル

が描かれている市内各地の風景印をご紹介しています。

 

スマホでのLINEや、PC上でのメールといったデジタルなメッセージが増える中、

アナログな手紙の良さ・消印にもこだわってカスタマイズする楽しみを

お伝えしてまいります。

 

 

 

■風景印その5:七釜(ななつがま)郵便局【西海町】

 

 

 

201611月にスタートした七釜郵便局の風景印。

雪浦郵便局・大瀬戸郵便局と同じく、

長与町在住 日本郵趣協会長崎支部・長崎郵趣会 会員 伊東 弘章氏のデザインです。

 

描かれているのは、

・天正遣欧使節団「中浦 ジュリアン」像 

・国指定天然記念物「七ツ釜鍾乳洞」

・絶滅危惧植物「ナナツガママンネングサ」

 

 

七釜郵便局は、国道202号沿いにあり五島灘を望む

のどかな西海町中浦地区にあります。

 

 

七釜郵便局 西海市西海町中浦北郷920 TEL:0959-33-2042 

 

郵便局としての歴史は古く、なんと今年で開局113年目!

郵便局長さんは代々この地で暮らす大串家の方々が受継ぎ、

現在は4代目となる大串 一朗(おおぐし かずあき)さんが務めています。

 

左から七釜郵便局スタッフの田嶋さん、大串局長、山川さん 

 

 

風景印に描かれている「中浦 ジュリアン」は、

この中浦地区で生まれた禁教時代のキリスト教宣教師。

10代の頃、「天正遣欧少年使節」としてほかの3少年と一緒に

ヨーロッパへ派遣され、さまざまな文化・学術を日本に伝えました。

 

  

七釜郵便局からもほど近い、ジュリアンの居住跡とされる場所にある「中浦 ジュリアン公園」

 

 

「七ツ釜鍾乳洞」は、長~い地球の歴史が作り出した神秘的な空間。

約3千万年前にあたり一帯が海だった時代の地層が侵食され形成されています。

夏場の避暑スポットや地底探検ツアーなどで人気の観光スポットです。

 

 

 「七ツ釜鍾乳洞」について詳しくは→こちら

 

 

絶滅具危惧種「ナナツガママンネングサ」は、

中国大陸に分布し、国内では七釜の地でしか確認されていない希少な植物。

地元で暮らす大串局長もかつて見たことがないとおっしゃるほどのレアさで、

白い星型の花が特長です。

 

 

「キリシタンの史跡探訪で訪れた方たちが郵便局に立ち寄り

記念に風景印を押したり、郵送で全国各地から月に4~5押印を頼まれています。」

と大串局長。

歴史ロマンが詰まった中浦・七釜地区ならではの風景印なんですね!

 

 

 

■風景印その5:松島郵便局(大瀬戸町)

 

 

 

大瀬戸港から市営船で約10分。

釜浦港を下りてすぐ目の前に「松島郵便局」はあります。

 

松島郵便局 西海市大瀬戸町松島内郷1368 TEL:0959-22-0604  

 

 

風景印がスタートしたのは、20019月。

描かれているのは、

・松島 ・電源開発松島石炭専焼火力発電所の煙突

・釜浦港のらくだ島 ・松

 

のどかでゆったりとした松島の雰囲気がよく表現されています。

 

 

風景印の中で煙突からモクモクと煙が上がっている松島火力発電所

「東京ドーム27個分」という広い敷地で年間230万トンもの石炭を使い、

24時間フル稼働で運転を行っています。

 

 

展望台からは、敷地の外から広い発電所の全体が見渡せます。

 

 

「らくだ島」は市営船が着く釜浦港すぐ横にある松島のシンボル。

らくだの頭や耳、コブまで見事にそっくり!

 

まさに“自然が作り出した芸術品”。訪れた際にはぜひじっくり見てみてくださいね♪

 

 

春の松島といえば・・・毎年開催される「桜坂まつり」。

600m続くソメイヨシノのトンネルは圧巻です。

・昨年の様子は→こちら

 

今年も3月30日(土)・31()に開催予定。詳細は後日、この「Saikaiブログ」でもご案内いたします。

 

 

 

「松島郵便局の風景印は、観光で訪れた方に加え

 “島にある郵便局”の風景印を集める方にも人気があります。」

と岩見 祐司(いわみ ゆうじ)局長。

 

「日本一小さな公園」や松島炭鉱の遺構をめぐる“松島さるく”

桜坂のお花見など、松島を訪れた際にはぜひゲットしてみませんか?

 

 

西海市での風景印さんぽも残すところあと2局。

次回「風景印さんぽin西海」最終回をお楽しみに!

 

お問い合わせ

HP更新
政策企画課
電話:0959-37-0063
  • 3/21(祝)70・80's 昭和の化粧品CMレコード特集~音浴博物館
    3/21(祝)~「西海橋 春のうず潮まつり」
    「遊湯館」リニューアルオープン!