更新日:2019年03月22日

手作りレモンケーキ♪森に佇む「カフェ&菓子工房 ひこばえ」

 

 

 

大島町の「百合ヶ岳公園」や「大釜海水浴場」からほど近く、 心のこもった手作りスイーツが人気の

「カフェ&菓子工房 ひこばえ」があります。

 

 

 

この時期、同じ大島町で育ちの無農薬レモンを使った「レモンケーキ」がおすすめ♪

スイーツ作りを始めて以来、お店の看板スイーツなんだそう。

 

特別に「レモンケーキ」作りを見学させていただける! ということでお邪魔しました。

 

 

■体にやさしい素材を選び作るスイーツ&パン

 

 

「カフェ&菓子工房 ひこばえ」を営むのは、 谷川 美廣 (よしひろ)さん・久美子さんご夫妻。 以前は同じ場所で約10年間、ペンションを営んでいました。

 

スイーツとパン作りを担当するのはご主人の美廣さん。

 

 

「せっかくお客さんに食べてもらうなら、体に良い食べ物を…という思いから、素材を選んでいます。」

 

ベーキングパウダーは「アルミニウムフリー」、 油脂は「トランス脂肪酸ゼロ」。 そして、レモンケーキに使うレモンも農薬など薬品の かかっていない地元産を使っています。

 

 

 

 

 

 

「皮ごとすり下ろすので、安心して使えるレモンがいいですよね。」

と美廣さん。

 

ランチで提供したり、販売もしている手作りパンについても美廣さんの食に対する想いが込められています。

 

●●●●●●●●

すべてのパンに卵・牛乳、イーストフードは使わず、国産小麦や全粒粉 を使って作られています。

 

「パンはお菓子とは違って“お腹を満たす食べ物”。 甘い菓子パンは作りたくないんです。 食事として毎日安心して食べてもらえるように、シンプルな素材で 手作りしています。」

 

作り手の想い、からだへの優しさが伝わってくるからこそ 「ひこばえ」さんのお菓子やパンにはファンが多いのですね。

 

 

う~ん…オーブンから良い香りがしてきましたよ♪

さぁ!「レモンケーキ」のスポンジが焼き上がりました!!

 

 

でも、ここからのひと手間・ふた手間がとっても大切。

 

スポンジが熱いうちにジャムで作ったシロップを塗ります。 ツヤツヤでとってもおいしそう・・・

 

 

さらにこの後が「ひこばえ」オリジナルのレシピ。 一晩寝かせたスポンジに、バタークリームを塗ってから レモンチョコレートのコーティングをします。

 

ひんや~り冷えたら完成★

 

 

 

■みどりいっぱい!豊かな自然に囲まれたテラスで召し上がれ♪

 

 

 

「ひこばえ」さんのお店やカフェはステキなログハウス風。 実はご夫婦がセルフビルドで作った建物なんです!

 

カフェの店内も涼しくて良いのですが…晴れた日にはぜひテラスでいただきましょう♪

 

 

 

緑に囲まれた空間は、ふっと肩の力が抜ける癒しの空間。 休日には、市外から訪れるお客さんが多いのも頷けます。

 

では、お待ちかねの「レモンケーキ」をいただきます!

 

 

 

ふんわりと香るさわやか~なレモンの風味。 しっとりしたスポンジに、コクのあるバタークリームと レモンチョコの甘さがとっても良く合います。 まさに、暑い夏にぴったりのさわやかスイーツですよ★

 

 

日々の忙しさや暑さに疲れてしまったら・・・ ぜひ、大島の自然と手作りスイーツ・パンで元気を充電! 「ひこばえ」さんに足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

 

●カフェ&菓子工房 ひこばえ

西海市大島町田ノ浦6897-2  電話:0959-34-3276 営業時間:11時30分~18時 定休日:火曜(祝祭日の場合は翌日) 駐車場有

 

「ひこばえランチ」(1,500円・要予約)やサンドイッチのランチもあります。 詳しくは、ブログ:

  お店のFacebookページへ

 

この記事に関するお問い合わせ先

ふるさと資源推進課

〒857-2392
長崎県西海市大瀬戸町瀬戸樫浦郷2278番地2
電話番号:0959-37-0064

メールフォームによるお問い合わせ