子宮頸がんワクチン予防接種

※現在、積極的勧奨を見合わせています。

 子宮頸がんワクチン予防接種は、平成25年4月1日から予防接種法に基づく定期接種となっています。(対象者:小学6年生~高校1年生相当の女子)

 しかし、平成25年6月14日に開催された厚生労働省の専門家会議において、ワクチンとの因果関係は不明ながら接種後の持続的な激しい痛みや運動障害などが報告されたことにより、『副反応の頻度や症状などが明確になり、適切な情報提供ができるまでの間、対象者へ積極的に接種をお勧めすることを控え、希望者に対してのみ接種を行う』こととなりました。

 現在も、対象者は定期接種として無料で接種することができますが、下記のリーフレットをよく読み、ワクチンの有効性とリスクを十分に理解したうえで判断してください。