高崎かなみがゆく。手ぶら女子たび、さいかいCAMP高崎かなみがゆく。手ぶら女子たび、さいかいCAMP

タレント・高崎かなみと
佐分利眞由奈、篠原栞那、岡本尚子の
仲良し4人組がめぐるさいかいCAMP。
絶景にグルメに、手ぶらで楽しむ気軽な
アウトドア女子たびをお届けします♪

手ぶらでOK、設営不要、簡単予約

scroll

本音で語りたくなる美しい絶景
心から笑顔になれる最高の遊び場
いつもの仲間とアウトドアなたびへ

本音で語りたくなる
美しい絶景

心から笑顔になれる
最高の遊び場

いつもの仲間と
アウトドアなたびへ

長崎県の西の端。
西海市には、隠れたアウトドアスポットや
自然を感じる観光スポットがたっぷりあります。
キャンプ道具の貸し出しやコテージ・バンガローを
利用すれば、用意は身の回りのものだけ。
“手ぶら”で、さいかいCAMPデビューを!

波のイラスト

山のイラスト

テントのイラスト

イメージ画像イメージ画像

イメージ画像イメージ画像

イメージ画像イメージ画像

Special Movie

動画サムネイル

高崎かなみら仲良し4人組がゆく♪手ぶら女子たび
さいかいCAMP フルVer.

手ぶら女子たび的 さいかいCAMPのすすめ手ぶら女子たび的 さいかいCAMPのすすめ

  • 0101

    とにもかくにも絶景スポット観光!
    観光とキャンプをうまく掛け合わせるべし
  • 0202

    クオリティ高めな西海市の新鮮食材なら
    簡単調理で絶品グルメに♪
  • 0303

    コテージやバンガロー、キャンプ道具レンタルで手ぶらでアウトドアを満喫!

2 days trip2 days trip4人が過ごした
さいかいCAMPの2日間

  • DAY01
  • DAY02

1日目は、ここにしかない特別なスポットを巡る!夕食の食材をたっぷり買い込んで、湖畔のコテージへ♪

イメージ画像

13:00観光

石原岳森林公園

明治時代に設置された石原岳堡塁跡(いしはらだけほうるいあと)を整備した公園。雰囲気たっぷりの要塞跡は、歴史好きのみならずとも興奮!

イメージ画像

14:00観光

七ツ釜鍾乳洞

約3000万年前に海底から隆起してできたとされる、国指定天然記念物の鍾乳洞を探検。12月~3月中旬には、鮮やかなイルミネーションが。

イメージ画像

16:00食材買い出し①

長崎西彼農協 グリーンセンター

夕飯の食材を買いに、地元民の食を支える台所的存在のお店へ!旬の農産品や新鮮な水産品、西海市ならではの加工品が品種豊富に並びます。

イメージ画像

17:00食材買い出し②

道の駅さいかい みかんドーム

夕食は西海市ならではの調味料が使いたい!ということで、地元の加工品やお土産たっぷりのこちら。みかんの生搾りジュースも美味♪

イメージ画像

18:00夕食準備

伊佐ノ浦公園 コテージ

泊まるのは、アウトドア派に人気の自然体感型・水辺のリゾート。湖畔と緑豊かな木々に囲まれたコテージはキッチンの設備もバッチリ!

イメージ画像

19:00夕食

伊佐ノ浦公園 コテージ

静かな夜の湖にきらめく月と満天の星空の絶景とともに。バス・トイレなどの設備が整っていて、アウトドア初心者でも安心して過ごせます。

2日目はいちご狩りと絶景めぐりのドライブへ。美しいサンセットにうっとりしたら、バンガローへ行って簡単BBQ!

イメージ画像

12:30いちご狩り体験

いちごの森

県内最大級のいちご狩り農園へ。高設栽培されたいちごを40分間食べ放題で収穫できます。かがまずに狩りとることができるのも嬉しい♪

イメージ画像

14:30観光

お魚バス停

崎戸町内4箇所に設置されているお魚バス停。西海市特産のアラカブやタイの形で、SNS映えするスポットとして、撮影に訪れる人々も。

イメージ画像

15:30観光

崎戸海浜公園

サラサラの白砂と透明度の高いマリンブルーの海が南国チック!穴場な海浜公園で、昼とはまた異なる表情を見せる美しいサンセットも魅力。

イメージ画像

16:30観光

北緯33度線展望台

北緯33度線上にある360°ビューの展望台からは、五島列島や平戸島を望めます。サンセットはときの流れをスローに感じるほどの美しさ!

イメージ画像

18:00夕食準備

伊佐ノ浦公園 バンガロー

おしゃれなロフト付きバンガロー。室内にはコインシャワー・寝具・エアコンがあってリーズナブルに泊まれます。夕食準備は炊事棟で。

イメージ画像

19:00夕食

伊佐ノ浦公園 バンガロー

炊事棟で夕食の準備をしたら、バンガローの屋根付きウッドデッキで自然を感じなら夕食を。静かな森の中で過ごす4人だけの素敵な時間♪

手ぶら女子たび的さいかい旬メシ手ぶら女子旅的さいかい旬メシ

イメージ画像

鯛のホットプレート
アクアパッツァ

材料

  • (4人分)
  • 鯛(白身魚で代用可)1尾
  • ブロッコリー1株
  • かぶ2個
  • ミニトマト8個
  • オリーブオイル適量
  • 適量
  • 白ワイン適量
  • ブラックペッパー適量

イメージ画像

作り方

  • (1)鯛は鱗をしっかり落とし、腹の中をきれいに洗って、水気を拭き、身に十字の切り込みを入れる。ブロッコリーはよく洗って食べやすい大きさに切る。茎の部分も皮を剥いて食べやすい大きさに切る。かぶは皮をよく洗い、1/8のくし切りにする。
  • (2)ホットプレートを200度に熱し、オリーブオイルを全体に広げ、中央に鯛を乗せる。まわりにブロッコリー、ミニトマト、かぶを入れ、塩をしっかりめに振る。
  • (3)野菜に焼き色がつくまで焼き、白ワインを回し入れ、ブラックペッパーを振って、蓋をして、10分ほど蒸し焼きにする。鯛に火が通ったら出来上がり。

ひとことコメント

白身魚で代用できます。あさりやきのこ類を入れるとさらに旨味が増します。
アスパラやパプリカも美味しいです。オリーブオイルを多めに作り、最後に茹でたパスタを入れても!

イメージ画像

西海ポークと
野菜のロースト

材料

  • (4人分)
  • 西海ポーク肩ロース700g
  • オリーブオイル大さじ3
  • 大さじ1/2
  • ローズマリー適量
  • じゃがいも3個
  • かぶ2個
  • ブロッコリー4個
  • にんにく2かけ
  • 玉ねぎ1個
  • しめじ1/2パック
  • 白ワイン100ml
  • 大さじ1/2
  • オリーブオイル大さじ2
  • ブラックペッパー適量

イメージ画像

作り方

  • (1)西海ポーク肩ロースは、冷蔵庫から出して1時間ほど常温に置く。塊が大きくて、鍋に入りにくい場合は半分に切る。★の調味料をよく混ぜて、お肉にすり込んで馴染ませておく。
  • (2)じゃがいもは芽を取り除いて、皮ごと大きめに切る。かぶは皮をよく洗い、1/4に切る。ブロッコリーはよく洗い、茎の部分があれば皮を剥いて、食べやすい大きさに切る。しめじは石づきをとり、ほぐしておく。玉ねぎは皮を剥いて1/4に切る。にんにくは皮をむき、厚めの輪切りにする。
  • (3)蓋ができる厚手の鍋(ストウブを使用しています)を中火で熱し、オリーブオイルを入れ、煙が立ってきたら、にんにくとお肉を入れて焼き付ける。お肉にすり込んでいたオリーブオイルも入れる。時折方向を変えながら、お肉の表面にしっかり焼き色がついたら、お肉を一旦取り出す。
  • (4)(3)の鍋に、じゃがいも、かぶ、玉ねぎ、しめじを入れて炒める。表面に油がまわり、焼き色がついてきたら、(3)で取り出した肉とブロッコリーを入れ、白ワイン、塩、ブラックペッパーを振り入れて蓋をする。
  • (5)中火で20分ほど蒸し煮して、5分ほど蒸らして、出来上がり。お肉を切り分けていただく。

ひとことコメント

肉が大きいときには、半分にしてもOK。厚みのある肉を使うと、ジューシーに仕上がります。
ミニトマトや丸ごとにんにくなど、蒸し焼きにして美味しい野菜を入れてください。ローズマリーの枝があれば、肉の上に乗せるとより香りが良くなります。

イメージ画像

カマンベールチーズの
炊き込みご飯

材料

  • (4人分)
  • 2合
  • しめじ1/2パック
  • ミニトマト8個
  • カマンベールチーズホール1個
    (1パック)
  • 400ml
  • 小さじ1/3
  • 白ワイン
    (日本酒でもOK)大さじ3
  • ブラックペッパー適量
  • 小ネギ適量

イメージ画像

作り方

  • (1)米は洗ってザルにあげておく。ミニトマトは半分に切る。しめじは石づきをとりほぐしておく。
  • (2)土鍋によく水気を切った米、しめじ、ミニトマトを入れ、水、塩、白ワインを入れて、蓋をして強火にかける。そこにトマトカット缶・白ワイン・コンソメを入れて少し煮込む。
  • (3)沸騰して蒸気が吹き出したら弱火で15分加熱し、火を止めてからカマンベールチーズを入れ、蓋をもう一度閉めて、5分蒸らす。
  • (4)蒸らし終わったらカマンベールチーズに十字に切り込みを入れて、ブラックペッパーをかけて、混ぜていただく。

ひとことコメント

しめじ以外に、マッシュルームや舞茸でも美味しくできます。刻んだベーコンを入れるとより旨味が出ます。
炊飯器で作るときには、2合の炊き込みご飯モードに水分量を合わせて作ってください。
炊き込みご飯モードがない場合は、2合の水分量より、心持ち減らすと良いです。

イメージ画像

苺のサラダ

材料

  • (2人分)
  • 4個
  • オレンジ
    (デコポンなどでもOK)1個
  • フリルレタス
    (レタスやベビーリーフ
    でもOK)適量
  • ゆうこう塩ポン適量
  • オリーブオイル適量
  • ブラックペッパー適量

イメージ画像

作り方

  • (1)苺は半分に切る。オレンジは皮を剥いて食べやすい大きさに切る。フリルレタスは良く洗って水気を切り、食べやすい大きさにちぎる。
  • (2)器に(1)を盛り付け、ゆうこう塩ポン、オリーブオイルを回しかけ、ブラックペッパーを振る。

ひとことコメント

ミニトマトやキウイなど、好きな野菜や季節の果物で作ってみてください!

イメージ画像

野菜たっぷり
バーベキュー串

材料

  • (4人分)
  • 豚カツ用肉4枚
  • 鳥もも肉1枚
  • 子持ち高菜(つぼみっこ)5個
  • かぶ2個
  • 椎茸(大)5個
  • パプリカ 赤・黄各1個
  • 玉ねぎ1個
  • 白身魚4切れ
  • 長ネギ1本

イメージ画像

作り方

  • (1)豚肉、鶏肉は、食べやすい大きさに切る。子持ち高菜は葉の部分を取り除き、半分に切る。かぶは皮をよく洗い、くし切りに。椎茸は石づきを切り、半分に。パプリカはヘタと種とワタを取り、食べやすい大きさに切る。玉ねぎはくし切りに。長ネギは4センチくらいに切る。
  • (2)(1)の材料をステンレス串に刺していく。1番下に来るものは、固くて固定しやすいものにする。
  • (3)焼くときに、塩やスパイスをかけて焼く。

ひとことコメント

塩とガラムマサラとオリーブオイルを混ぜたスパイスオイルを、材料に塗って焼いたり、ハーブソルトをかけて焼いたり、1串1串で味を変えるのも楽しいです。レモンを絞って食べても!

イメージ画像

焼きうず潮カキ

材料

  • うず潮カキ適量
  • ゆうこう塩ポン

イメージ画像

作り方

  • (1)うず潮カキの平らな方を下にして焼く。口が開き、中の水分がぐつぐつしているのが聞こえたら、焼き上がり。
  • (2)蓋を開いて、ゆうこう塩ポンをかけていただく。

ひとことコメント

カキはまず平らな方を下にして焼き、数分したら丸い方を下にして焼きます。
そうすることで中の汁がこぼれず、ジューシーで身離れがよくなります。

イメージ画像

西海のフルーツサングリア

材料

  • 4個
  • オレンジ1個
  • レモン1/2個
  • 西海みかんジュース
    (原口みかんジュース)500ml
  • 赤ワイン500ml

イメージ画像

作り方

  • (1)苺は1/4に切る。オレンジとレモンは皮をしっかり洗い、1/8のくし切りにする。飾り用を別にとっておく。
  • (2)飾り用以外の(1)のフルーツをカラフェなどの容器に入れ、みかんジュースと赤ワインを注ぐ。マドラーでかき混ぜて、馴染ませ、冷蔵庫で冷やしておく。
  • (3)飾り用のフルーツをワイングラスに入れ、(2)を注いでいただく。

ひとことコメント

季節のフルーツで作れます。
赤色のフルーツが多いときには、赤ワイン、キウイや桃、グレープフルーツなど白や黄色系のフルーツが多ければ、グレープフルーツジュースと白ワインで作ってみてください。ミントを添えるとより爽やかです。残ったフルーツも食べられます。冬場はシナモンと蜂蜜を入れて鍋で温めて、ホットサングリアも美味しいです。