障がい福祉制度における個人番号(マイナンバー)の利用について

  平成28年1月から、障がい福祉に関する手続きにおいて、申請書類等に個人番号を記載し、申請書類の提出時に個人番号の確認と身元確認が必要になりました。

1.個人番号(マイナンバー)が必要な手続き

・身体障害者手帳に関する手続き

・療育手帳に関する手続き

・精神障害者保健福祉手帳に関する手続き

・障害福祉サービスに関する手続き

・障害児通所給付に関する手続き

・補装具費に関する手続き

・自立支援医療(精神通院・更生医療・育成医療)に関する手続き

・特別児童扶養手当に関する手続き

・特別障害者手当・障害児福祉手当に関する手続き

2.本人申請の場合

【個人番号の確認】

  A.個人番号カード、個人番号通知カード、個人番号が記載された住民票のうち1点

  B.Aが困難な場合は、個人番号確認同意書

【身元の確認】

  A.顔写真つきの公的書類1点

      個人番号カード、運転免許証、パスポート、身体障害者手帳、療育手帳、

      精神障害者保健福祉手帳、在留カード など

  B.Aの書類がない場合は次のうちから2点

      健康保険証、年金手帳、(特別)児童扶養手当証書、介護保険被保険者証 など

注)郵送する場合は、上記書類の写しが必要です。

3.代理人申請の場合

【代理権の確認】

  A.委任状

  B.Aが困難な場合は、次のうちから1点(本人しか持ち得ないもの)

      個人番号カード、運転免許証、パスポート、健康保険証 など

【身元の確認】

  A.顔写真つきの公的書類1点

      個人番号カード、運転免許証、パスポート、身体障害者手帳、療育手帳、

      精神障害者保健福祉手帳、在留カード など

  B.Aの書類がない場合は次のうちから2点

      健康保険証、年金手帳、(特別)児童扶養手当証書、介護保険被保険者証 など

【申請者本人の個人番号の確認】

  A.個人番号カード、個人番号通知カード、個人番号が記載された住民票のうち1点

  B.Aが困難な場合は、個人番号確認同意書

4.代理権の授与が困難な場合の申請

  本人の心身の機能や判断能力の著しい低下により、代理権の授与が困難な場合は、申請書等に個人番号の記載は必要ありません。身元確認書類も必要ありません。

  市で個人番号を確認しますので、個人番号確認同意書を提出して下さい。

5.本人の使者として申請書等を提出する場合

  申請書等に個人番号を本人が記入したうえで、施設などの職員が代わりに提出する場合は,個人番号が見えないように申請書等を封筒に入れて提出してください。この場合は、個人番号の確認書類と身元確認書類が必要です。

この記事に関するお問い合わせ先

福祉課

〒857-2392
長崎県西海市大瀬戸町瀬戸樫浦郷2278番地1
電話番号:0959-37-0069

メールフォームによるお問い合わせ