4月からこども福祉医療費の対象年齢を拡大

対象年齢が18歳までに拡大

令和2年4月から、こども福祉医療費助成制度の対象年齢を、18歳に達してから最初の3月31日までに拡大しました。

今年度16歳になられる方で、令和2年3月末までの期限である、こども福祉医療費受給者証をお持ちの方は、手続きは必要ありません。後日、新しい受給者証を順次郵送します。

4月2日以降に、17・18歳になられる方は手続きが必要です。対象の方には、4月初旬に個別にお知らせをしています。

こども課・本庁市民課・各総合支所市民課で手続きをお願いします。

申請が必要な対象者

・平成14年4月2日から平成16年4月1日生まれのお子さん。

申請受付期間

・令和2年5月1日から令和2年7月31日

*以降の受付は、受付日よりの有効期間となります。

助成内容

1回の受診であれば月額800円。同じ医療機関を月2回以上受診した場合は、月額1,600円

を上限とした自己負担額を除いた額を助成します。

ただし、自己負担額は医療機関ごとにご負担いただく必要があります。

なお、調剤薬局は全額助成です。

受給内容

こども福祉医療費は、保険診療分を全額支払った後、支給申請を行って助成を受ける「償還払い方式」です。

支給申請には、医療機関の領収書が必要ですので、4月以降医療機関にかかった際の領収書は大切に保管してください。

この記事に関するお問い合わせ先

こども課

〒857-2392
長崎県西海市大瀬戸町瀬戸樫浦郷2278番地1
電話番号:0959-37-0029

メールフォームによるお問い合わせ