児童手当・特例給付

趣旨

児童手当は、家庭等における生活の安定に寄与するとともに、次代の社会を担う児童が健やかな成長を資することを目的として支給するものです。

支給対象となる児童

中学校卒業まで(15歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の児童を養育してる方

手当を受けることができる人

西海市内に住民登録があり、支給対象となる児童を養育している父母等

  • 父と母がともに養育している場合は、原則として収入が高い人
  • ただし、両親が離婚または離婚協議中のために別居している場合は、児童と同居している人

父母指定者。父母が国外に居住している場合であって、児童を養育している人で、父母が指定する人

父母や父母指定者のいずれにも養育されない児童を養育している人

  • 祖父母
  • 里親
  • 未成年後見人
  • 児童養護施設等入所児童については、施設の設置者

公務員は、勤務先で手続きを行ってください。

1年未満の在留期間の外国人は児童手当の支給対象外でしたが、平成24年7月9日より外国人も住民基本台帳法の適用対象となったことより、原則として西海市に住民登録されていて、3ヶ月を超える在留資格を持つ人であれば、児童手当の支給対象となります。

手当の額

支給額表
児童の年齢 児童手当の額(1人当たりの月額)
3歳未満 一律15,000円
3歳以上小学校修了前 10,000円(第3子以降は15,000円)
中学生 一律10,000円
  •  児童手当を養育している方の所得が所得制限限度額以上の場合は、特例給付として月額一律5,000円を支給します。
  • 第3子以降とは、高校卒業まで(18歳の誕生日後の最初の3月31日まで)の養育している児童のうち、3番目以降をいいます。

現況届

受給者は、毎年6月に現況届を提出しなければなりません。この届は、引き続き受給要件を満たしているかを6月1日現在での状況で確認するものです。現況届を提出しないと6月分以降の児童手当を受給できなくなります。

西海市では、6月初旬に現況届を送付しています。同封している案内文書をよくお読みのうえ、必要な添付書類を添えて、必ず期限内に提出してください。

所得制限

所得制限限度額表
扶養親族等の数 所得制限限度額 収入額の目安
0人 6,220,000円 8,333,000円
1人 6,600,000円 8,756,000円
2人 6,980,000円 9,178,000円
3人 7,360,000円 9,600,000円
4人 7,740,000円 10,021,000円
5人 8,120,000円 10,421,000円

 

  •  「収入額の目安」は、給与収入のみで計算していますので、ご注意ください。
  • 扶養親族等の数は、所得税の控除対象配偶者及び扶養親族(施設入所又は里親委託中の児童を除きます。)並びに前年末に受給者が養育している税法上の扶養親族となっていない児童の人数となります。扶養親族等の数が5人を超えるときは、5人の所得額に1人増えるごとに38 万円を加算した額となります。なお、扶養親族等に老人扶養親族等がいる場合は、1人当たり6万円を加算します。
  • 所得額とは、源泉徴収票の「給与所得控除後の金額」または、確定申告書の「所得金額」欄の「合計」から所得税法に規定する雑損控除(相当額)、医療費控除(相当額)、小規模共済等掛金控除(相当額)、特別障害者控除(40万円)、障害者控除(27万円)、寡婦(夫)控除(27万円)、特別寡婦控除(35万円)、勤労学生控除(27万円)、老人扶養親族控除(1人につき6万円)、社会保険料相当額(一律8万円)を差し引いた金額のことです。

支給方法・支給月と支給期間

児童手当は、支給月の10日(支給日が金融機関の休業日に当たるときは、その直前の休業日でない日)に、受給者(申請者)名義の金融機関口座へ振り込みます。

支給月は、6月、10月、2月です。

6月は、 2・3・4・5月分を支給します。

10月は、6・7・8・9月分を支給します。

2月は、 10・11・12・1月分を支給します。

手続きが必要なとき

次にあてはまる場合は、市民課または各総合支所市民課、こども課で手続きを行ってください。

  • 児童が生まれたとき
  • 児童を養育している人が西海市へ転入したとき
  • 受給者や児童が他の市町村に転出するとき
  • 児童を養育しなくなったとき
  • 児童と別居したとき
  • 受給者が公務員になったときまたは公務員でなくなったとき
  • 受給者や児童の氏名が変わったとき
  • 受給者や児童が死亡したとき
  • 受給者が婚姻または離婚したとき
  • 児童が施設に入所したとき/施設を退所したとき
  • 振込口座を変更するときや銀行の統合などで口座番号が変わったとき
  • 所得税(住民税を含む)の確定申告・修正申告をしたとき等
  • 児童手当は、資格があっても申請をしないと受給できません。申請が遅れた場合、原則として遅れた月分の手当を受けることができませんので、忘れずに手続きを行ってください。
  • 里帰り出産等で出生届を他市町村へ提出された場合であっても、受給者(申請者)が西海市に住民登録をしている場合は、児童手当の申請手続きは、西海市で行う必要があります。
  • 児童を養育しなくなったときや養育している児童と別居したときなど申請した内容に変更が生じたときは、届出が必要です。届出が遅れたことにより過払いが発生したときは、その事由が発生した月の翌月分以降の手当は、返還していただくことになります。

手続きに必要なもの(添付書類等)

児童手当の手続きには、次の書類が必要です。受給者(申請者)の状況により提出書類が異なりますので、ご留意下さい。なお、このほかにも別途書類の提出をお願いする場合があります。

【新規申請の場合】

認定請求書は、受付窓口にあります。

  • 申請者の印鑑
  • 申請者名義の銀行預金通帳等のコピー(普通口座のもの)
  • 申請者本人の健康保険被保険者証等のコピー 、国民年金加入者は不要です。
  • マイナンバーカードまたは、マイナンバー通知カード
  • 児童が別居している場合は、「別居監護申立書」

健康保険の種類により、年金加入証明書の提出をお願いする場合があります。

離婚前提の別居の場合は、児童と同居している人が手当を申請する場合に提出してください。

  • 離婚協議申し入れに係る内容証明郵便、調停期日呼出状、
  • 家庭裁判所における事件係属証明書、調停不成立証明書 など

マイナンバーカード掲示で添付書類を省略できるもの

  • 所得証明書
  • 住民票

児童手当からの徴収

申し出により、児童手当を保育料や学校給食費等の支払いに充てることができます。

児童手当の寄附

申し出により、児童手当の全額または一部を寄附することができます。

寄付は、次代の社会を担う児童の健やかな成長を支援するために活用させていただきます。

厚生労働省児童手当制度の概要

この記事に関するお問い合わせ先

こども課

〒857-2392
長崎県西海市大瀬戸町瀬戸樫浦郷2278番地1
電話番号:0959-37-0029

メールフォームによるお問い合わせ