西海市は、2050年二酸化炭素排出実質ゼロを目指します!

2050年ゼロカーボンシティへのチャレンジを表明しました

2021年6月11日、令和3年第2回西海市議会定例会において、市長所信表明の中で、国の「2050年カーボンニュートラル、脱炭素社会の実現」に向けて、2050年までに二酸化炭素排出実質ゼロをめざす「ゼロカーボンシティ」へチャレンジすることを表明しました。

今後、「脱炭素社会に向かうまち西海市」として、「地球温暖化防止対策」をはじめ、「江島沖洋上風力発電の促進区域指定」への取り組みや「松島火力発電所の高効率発電システムへの転換」、市内産木材の生産、加工・消費の循環を目指す「緑の産業」創出など、脱炭素社会に向けたモデル地域づくりや産業、地域振興を強力に推し進めていきます。

ゼロカーボンシティの表明(Wordファイル:12.8KB)

ゼロカーボンシティ認定書(PDFファイル:422.4KB)

■地方公共団体における2050年二酸化炭素排出実質ゼロ表明の状況(環境省HP)http://www.env.go.jp/policy/zerocarbon.html

この記事に関するお問い合わせ先

新エネルギー政策課

〒857-2392
長崎県西海市大瀬戸町瀬戸樫浦郷2222番地
電話番号:0959-37-0076

メールフォームによるお問い合わせ